木球に関する情報
プロフィール

 新谷

管理人: 新谷
ブログ愛読者の皆さん、こんにちは。今日まで皆さんに支えられ、ブログ掲載もスムーズになり、また充実してきたと思っています。これからも、皆さんを楽しませる記事を掲載していきます。ご期待下さい!

第5回民友新聞掲載 平成26年8月28日朝刊(掲載許可済) 
福島市・福島大学名誉教授(日本木球連盟会長 新谷崇一氏)

image001.png

         スポーツの”ススメ”
                                    新 谷 崇 一

 プロ野球の選手はなぜ野球をしてるの?それは「仕事」だからだよ。それではなぜ、野球をするようになったの?野球が「好き」だから、「楽しい」から始めたのではないかな・・・。
 何気ない会話の中に、私達に考えさせるものが含まれている。それは「人はなぜスポーツをするのか?」ということである。あまりにも身近かにあるスポーツを、なぜするのだろうと改めて考えたことはない。
 紀元前2千年以前から営まれているスポーツ。そのあり方、行い方は違っていても今日まで脈々と受け継がれている。体罰などといったスポーツ界で起こる様々な問題を抱えながらも、途切れることなく私達はスポーツを行い続けている。学校時代、スポーツで辛い思いをしても、次の日にはまたスポーツをしている。この不思議な存在であるスポーツとは一体、何者なのであろうか。
 「あなたはなぜ、スポーツをしているの?」と聞くと、「楽しいから」「気分転換になるから」「汗をかいたら気持ちがいいから」「健康のため」という決まり文句が帰って来る。逆に、「あなたはなぜスポーツをしないの?」と聞くと、「疲れるから」「年を取ったから」「時間がないから」「恥ずかしい思いをしたから」という、これもまたなぜか、決まり文句が帰って来る。
 スポーツの語源を紐解いてみると、ラテン語にあるらしい。ラテン語の意味は「真面目な仕事、辛い仕事から離れる」で、これがフランスに渡ると「楽しむ、気晴らしをする」となり、そしてイギリスに渡ると「楽しむ、興味を覚える」となり、現代になって「運動」を意味するようになったと言われている。
 つまり、スポーツの根底に流れているものは「楽しい」というキーワードのような気がする。スポーツを行うのには様々な理由があるだろうが、やはりその根底には「楽しい」というものがあるからであろう。部活動でしごかれた人も、運動会の日、雨になるのを願った人も、年を取った人もスポーツを行っているのは楽しいからであろう。スポーツをしない人、嫌いな人はスポーツの楽しさを味わっていないからであろう。食わず嫌いである。
 そろそろ爽やかな季節が訪れる。きっかけをつかんで、スポーツの楽しさを味わい、人生の友達にしてみてはいかがだろうか。  



komon.jpg ※三行コメント

 おもしろくなけりゃ
    スポーツじゃない!



  ・新谷先生は、「楽しくなきゃ スポーツじゃない!」と言われた。(2009/9/19 生涯スポーツ講演会)
 楽しい 面白いは同じような意味を持つが、少し違うような気がする。(ニュアンス)
 しかし、私は、「面白くなけりゃ スポーツじゃない!」と思っている。木球競技に熱中しているからかもしれない。
                                  福島県木球協会 顧問  阿部稔也

 ・新谷先生のおっしゃるスポーツの“ススメ”は、その通りだと思います。人間が成長するための一手段にスポーツがあると思います。本当に好きなスポーツは人を夢中にさせます。また、勝負に負けることによってまた、強く強くなれる自分がある気がします。木球をやっている自分がそうでした。
                                  いわき木球クラブ会長 上野直紀




           次回掲載予定 第6回ワールドカップ・中国オープン大会奮戦記  ”必見”
                                日本木球連盟広報部
 

                          END






コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://woodballfukushima.blog.fc2.com/tb.php/88-57962fb1
検索フォーム
カウンター
QRコード
QR