FC2ブログ
木球に関する情報
プロフィール

 新谷

管理人: 新谷
ブログ愛読者の皆さん、こんにちは。今日まで皆さんに支えられ、ブログ掲載もスムーズになり、また充実してきたと思っています。これからも、皆さんを楽しませる記事を掲載していきます。ご期待下さい!

第16回福島県木球協会理事会・定期総会
開催される

 去る、4月19日、第16回福島県木球協会理事会・定期総会が下記次第で、福島大学・行政政策学類大会議室で開催されました。

      次 第
1, 開会の言葉
2, 会長挨拶
3, 来賓祝辞
4, 議長並びに書記、議事録署名人選出
5, 議事
     議案第1号  平成25年度事業報告について
     議案第2号  平成25年度収支決算報告について
         平成25年度会計監査報告
     議案第3号 平成26年度事業計画(案)について
     議案第4号 平成26年度収支予算(案)について
     議案第5号 規約の一部改正について
     議案第6号  役員の一部改正について
     議案第7号 年会費の納入・徴収方法について
     議案第8号 日本連盟への登録料について
     議案第9号  その他

6, 議長解任
7, その他
8, 閉会の言葉

 平成25年度の事業報告、収支決算書は出席者全員の賛同を得て、可決されました。また、同様に平成26年度の事業計画、収支予算書も全員一致で可決されました。
 
 議事の中の議案第5号と議案第7号、議案第8号について、皆さんにご報告します。
 ◎議案第5号 規約の一部改正について
  福島県木球協会規約が下記の通り改正されました。
  (事業)
  第4条 ② → ②審判員を養成するための講習会の実施と、競技に関する指導助言
      ③ → ③定例大会の開催と、国内・国際大会への協力

  (組織)
  第5条   → 第5条 本会は各市町村の協会からなる個人及び愛好者を持って構成する。

  (役員の任務)
  第12条 5 → 第12条 5 事務局長は事務局を総括し、必要に応じ事務局長指名による局員
                をおくことが出来る。

 ◎議案第7号 年会費の納入・徴収方法について
  ・提案理由
  ア)日本木球連盟、各県協会、各市協会の組織の認識、強化を図るため。
  イ)各クラブ、各市、県協会の会費納入の簡素化を図るため。

  ・上記提案理由に対して、事務局より下記提案があり、慎重審議のうえ了承された。
  <納入・徴収方法>
   各クラブをベースにして、クラブ費+市会費+県会費を徴収し、各クラブから市、県へ会費を
   納入(上納)する。
   (例)
    Aクラブ会費が1000円の場合、市会費1000円、県会費2000円で合計4000円徴収し、市、県
    へ1000円、2000円納入(上納)する。
    この納入・徴収方法の基本的な考えは、クラブ、市、県、日本連盟という下からの積み上げ
    方式を取るということである。従って、市を通り越して県に入会するということはできない
    ということである。しかし、例外を認めることがある。例えば、市会費を払って市会員であ
    るが、俺は県会員にはならないと言って、県会費を払っていないで県大会に出る場合は、
    その参加費は県会費+参加費500円で2500円とする。これは平成27年度より実施する。

 ◎議案第8号 日本連盟への登録料について
  ・提案理由
  ア)第1回定例会開催(平成26年6月29日)により、日本木球連盟としての活動を開始した。
  イ)日本木球連盟の活動を維持するための資金確保のため。

  ・上記提案理由に対して、事務局より下記提案があり、慎重審議のうえ了承された。
  <納入・徴収方法>
   新たに登録料として徴収しないで、県協会費の中から支払う。
   登録料は県協会費の10%とし、1人200円(学生100円)とする。

   以上、ご報告します。
   今年度も宜しくお願いいたします。

E  N  D
関連記事
2014/05/03 13:45 県木球協会 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://woodballfukushima.blog.fc2.com/tb.php/72-0598a225
検索フォーム
カウンター
QRコード
QR