FC2ブログ
木球に関する情報
プロフィール

 新谷

管理人: 新谷
ブログ愛読者の皆さん、こんにちは。今日まで皆さんに支えられ、ブログ掲載もスムーズになり、また充実してきたと思っています。これからも、皆さんを楽しませる記事を掲載していきます。ご期待下さい!

第8回アジアカップ、第18回台湾オープン
特報 その1〜写真集〜


往きの飛行機じゃないね
ボーイング737

 10月14日に標記の、その1をアップしたのですが、一晩で消えてしまい、跡形もなくなりました。急いで、写真集だけ掲載し直し、挨拶文は省略しました。改めて、挨拶文ではないですが、大会の様子をご報告いたします。
 10月3日、成田空港 JL805便 11時15分発で皆さん元気に台北に向けて出発しました。福島を午前4時半に乗用車で出発しましたが、その疲れは見られなく、機内でも大会に期待して話題が絶えませんでした。
 桃園国際空港に14時05分に到着し、バスで台北市に向い、ホテルに到着後、夕食会場へと足を運びました。夕食はオードブル形式ですが、いろいろな物があり、中には調理形式のもあり、ついつい食べ過ぎてしまいました。夕食後はホテルで簡単なミーティングを行ない、その後は皆さん自由行動で、思い思いの台北の夜を過ごしました。翌朝は松山空港を午前中に出発し、一路金門島へと向かいました。
 4日から、大会が開会されましたが、我々日本チームは一日中待ちぼうけで、コースに出ることはありませんでした。それは、大会初日からフェアウェイ戦が行なわれ、このフェアウェイ戦はトーナメント形式になっているため、申込んでいない日本チームの出番はなかったということになります。トーナメント形式ですので、勝ち抜く者は何回も出場し、決定するまで次のプログラムに入れないと言う状態でした。
 しかし、大会の運営とトーナメント形式は別問題であり、いかに台湾木球協会の運営が拙いかを暴露したようなものでした。帰国したら協会にクレームをつけると、各国と話していましたが、帰国して以下のようなお詫びのメールが、翁会長の息子さんである翁啓祥副事務局長から入りました。
 「この度のアジアカップ、台湾オープンに関しまして、台湾木球協会の運営の拙さのために、選手の皆さんを長々と待たせたことに、深く反省するとともに、心よりお詫びを申し上げます。このような運営が2度と無いよう、心がけるとともに、再び皆さんが台湾を訪れることをお待ちしております。今回の運営の拙さに重ねてお詫びいたします。」
 この原因は、大会の運営を事務局だけに任せておいて、陣頭指揮を執るリーダーが存在しなかったからです。つまり、その状況において、次にどのプログラムを入れるという柔軟さがなかったからです(それを指揮するものが不在であったということです)。日本ではこのようなことが無いよう心がけましょう。
 さんざん待たされて、やっと5日の午後から出番が回ってきました。皆さん待ち疲れで、実力を発揮できませんでした。言い訳ではありません。惜しい接戦が沢山ありましたが、やはり相手は百戦錬磨。まだまだ練習を積み重ねばならないというところでした。
 さよならパーティーは7日の夜に行なわれ、皆さん和やかに過ごしました(写真はその3で)。8日は、決勝には残っていないと思って(実は2回戦に残っていました)、都合をつけて観光にしました(写真はその3で)。観光後、会場に戻ると名前を呼ばれ、急遽、2回戦に出ることになりましたが、用具はバイクでホテルまで取りに行くという、離れ技を行なって、何とか滑り込みセーフでした。女子も2回戦に残っていたので、同じような離れ技で用具を取りにホテルに戻りましたが、結局、使わずじまいで、時間切れのために中止!なんと情けない運営でしょう!!!
 8日は、夕方、金門島から台北の松山空港にもどり、最後の台北の夜を忙しく過ごしました。9日も、空港行の送迎バスの手配が悪いため、免税店では30分程度の買い物しかできませんでした。最後の最後まで、問題ありの運営でした。
 9日、登園国際空港 JL804便 12時50分発、成田空港 17時10分着で皆さん無事、到着しました。到着後は、それぞれ車を止めている駐車場に向い、一路、福島へと向かいました。皆さんお疲れさまでした!!!

それでは、これから大会、パーティー、観光以外の写真集の開始とします。

長距離運転後の一杯は最高!・搭乗待合室にて
長距離運転後の一杯・成田空港

成田空港、免税店前でハイポーズ
成田空港でハイポーズ

松山空港前(遠方に101)
松山空港前

松山空港で全員集合(上野先生はシャッター係り)
松山空港で全員集合

恐らく台中上空・・
台中上空?

目的地・金門島上空
金門島上空

大会会場脇の人工湖
大会会場脇の人工湖

大会会場(桜の広場の足下にも及びません)
大会会場1

大会会場のステージ(表彰式などが行われました)
大会会場のステージ

大会会場・夕暮れ時(1日、待ちぼうけでした)
大会会場・夕暮れ時

国際木球連盟総会会場となった近代的な金門大学
金門大学

国際木球連盟総会の会場
国際木球連盟総会

大会場での昼食・1
大会会場での昼食2

大会場での昼食・2
大会会場での昼食1

金門酒の工場
金門酒の工場

58度の金門酒(毎晩、飲みました)
58度の金門酒

金門島での昼食会場(飯店にて)
金門島での昼食会場

金門島のリバーサイドホテル・大黒様の前で
金門島のホテル・大黒様

金門島の夕日(和みますね)
金門島の夕日

続 く













関連記事
2013/10/18 09:21 国際交流 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://woodballfukushima.blog.fc2.com/tb.php/48-fde5b980
検索フォーム
カウンター
QRコード
QR