FC2ブログ
木球に関する情報
プロフィール

 新谷

管理人: 新谷
ブログ愛読者の皆さん、こんにちは。今日まで皆さんに支えられ、ブログ掲載もスムーズになり、また充実してきたと思っています。これからも、皆さんを楽しませる記事を掲載していきます。ご期待下さい!

第27回 福島市木球大会が盛大に開催される

親父が大事に育てていた君子蘭
市大会1

 去る、5月8日(日)、風邪は強かったですが素晴らしい五月晴れの中、第27回福島市木球大会が盛大に開催されました。三瓶福島市木球協会会長の挨拶のあと、新谷日本木球連盟会長、武石福島県木球協会会長の祝辞があり、9時10分に試合開始となりました。
 今回は今までの大会の中で、112名という大人数の参加者で行われました。コースは12コース、参加者112名になると、1コースに3組が入るなど、時間のかかった大会となりました。
 今回も写真で振り返りながら、また参加者からいただいた大会の課題も取りあげてみたいと思います。


1、開会式


開会式前の整列ではなく集合
市大会2

大会事務局の一幕
市大会3

三瓶福島市木球協会会長の挨拶
市大会4

新谷日本木球連盟会長の祝辞
市大会5

武石福島県木球協会会長の祝辞
市大会6


2、今回、参加された各クラブの面々

 
 各クラブ所属者全員ではないですが、揃ったクラブの方々のみを写しました。成績の計算など裏方さんは各クラブの中には入っていません。悪しからず!

ニューフェースの松川木球クラブ
市大会7

ここもニューフェースの多い三河台木球クラブ
市大会8

春日町木球クラブ
市大会9

清水木球クラブ
市大会10

蓬莱木球クラブ
市大会11

西木球クラブ
市大会12


3、大会の成績結果

    <男 性>  H    前半+後半=合計    <女 性>   H   前半+後半=合計
優 勝  斎藤 昌  2   56+57=115     舟山美智子  0  59+64=123 
準優勝  宍戸健一  0   66+53=119     三浦喬子   3  66+60=129
第3位  古川好昭  0   58+61=119     安田ヨツ   8  57+71=136
第4位  山河 紘  0   54+66=120     増子ヤス子  0  68+69=137
第5位  二階堂守  1   60+60=121     山河洋子   0  68+70=138
第6位  菅野孝志  0   57+64=121
第7位  斎藤俊男  0   60+64=124
第8位  武石 功  0   66+59=125
第9位  秦 昭男  0   65+61=126
第10位 金子道男  0   68+58=126
第11位 佐野利夫  0   61+66=127


4、参加者からいただいた今大会の課題

 12コースに112名の参加者は喜ばしいことですが、様々な問題、課題が出てきました。今後に生かすためにも、敢えてこの場を借りて、載せてみました。
 是非、今後に生かすということで、ご了承願いたいと思います。

 100名を越えた場合、12コースでは限界がある。せめて、18コースに。
 1コースに仕方なく2〜3組入る場合はコースに緩やかなカーブを持たせて、2組入れるようにすべき。
 スコアの入力とチェックは別々に行った方が。
 大人数の参加者に対する運営スタッフの充実を。
 競技委員会が参加人数を把握して、それに見合ったコース数とコース設計を。
 スコア表は前半が終ったらチェックできるように、2枚がいいのでは。 
 
 他、随時追加しますので、ご意見を新谷までメールで投稿して下さい。


5、大会の様子

 いつもの通り、写真で大会の様子を振り返ってみましょう。いかに多くの方々が参加した大会であったか、お分かりになると思います。

2コースかな?この混み様!
市大会13

鬼面山を臨む8〜9コース辺り
市大会14

吾妻小富士ををバックに1人たたずむ
市大会15

新緑の中でのプレー
市大会16

この参加者数!今年は雪が少なかったようです! 1
市大会17

この参加者数!今年は雪が少なかったようです! 2
市大会18


<おわりに>


 今年も福島市大会を皮切りに、木球シーズンが始まりました。木球を通して、健康維持を図りましょう!
 私事で申し訳ないですが、最初と最後に亡くなった親父が育てた、君子蘭とハナミズキを掲載させていただきました。

最盛期の頃(連休始まり)はもっと鮮やかでした!
市大会19


 
次回は福島県木球大会でお会いしましょう!!!


















2016/05/10 11:04 市木球協会 TB(0) CM(2)
コメント
大変な大会でした。
参加者数が増えることはとても喜ばしいことですが、それに伴う運営方法を考えなければなりませんね。
誰か・・・手を貸してくれないか!?
2016/05/10 12:40 mm URL [ 編集 ]
mmさん
コメント、有り難うございます。
確かにですね。100名以上の参加者の場合は十分な運営体制が必要ですね。今回で実感しました。
少し皆さんに呼びかけましょう!
2016/05/11 09:35 新谷 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://woodballfukushima.blog.fc2.com/tb.php/155-abc94259
検索フォーム
カウンター
QRコード
QR