FC2ブログ
木球に関する情報
プロフィール

 新谷

管理人: 新谷
ブログ愛読者の皆さん、こんにちは。今日まで皆さんに支えられ、ブログ掲載もスムーズになり、また充実してきたと思っています。これからも、皆さんを楽しませる記事を掲載していきます。ご期待下さい!

第20回台湾オープン国際木球大会参加
報 告 集


成田の搭乗待合室にて乾杯!この後、女性陣も飲みました!
s成田


1、はじめに
 
 第20回台湾オープン国際木球大会に11月19〜24日、5泊6日で台湾の高雄市で開催された台湾オープンに参加して来ました。この高雄での大会は6年ぶりで、2009年に一度行っています。その時は現野田木球クラブの皆さんや清水木球クラブ、蓬萊木球クラブの方々が参加されました。高雄は日中、30度くらいまでになり、真夏の暑さでした。
 参加者は女性陣が遠藤美智子さん、牧野律子さん、男性陣が上野直紀先生、澤田祥孝くん、そして新谷の5人でした。
 一行は二手に分かれて、成田の駐車場に集合(最終的にはエバー航空チェックインカウンター)し、12:25分成田発エバー航空107便にて高雄国際空港まで、4時間の空旅でした。高雄国際空港には定刻通り15:45分に到着し、ホテルには5時前にチェックインできました。
 チェックイン後、ホテルの近くにある蓮潭池のほとりのレストランで夕食をとり、その後、私の部屋で明日からのミーティングを行って、眠りにつきました。
 また、何時ものように時間を追いながら、写真で台湾オープンを振り返ってみます。

蓮潭池のほとりにある物産館の夜景・ホテルの部屋から
夜景

蓮潭池のほとりにある物産館・ホテルの部屋から
昼景


2−1、大会初日(20日)

 大会初日は午前中、市内観光、午後、大会会場で公式練習が行われました。そして、夜はウエルカムパーティー!
 今年度の台湾オープンには例年になく、各国の会長はじめ、多くの国からの参加があり、賑やかなウエルカムパーティーとなりました。

高雄港入口のゲート
観光1

高雄港をバックにAsmatさんも入って
s高雄港

私の木球の教え子であるTalia Asmatさん。ペルーから32時間かけて参加。
観光2

インドネシアのマリオと香港のライ・リンさん
観光3

高雄港湾内にある観光地・立体画、奥行きがあるでしょう
観光4

高雄で最初の学校
観光5

高雄で最初の学校の中庭
観光6

ワールド ゲームズ メイン会場をバックに
観光7


2−2、ウエルカムパーティー

 ウエルカムパーティーは全参加者が入っての、賑やかなパーティーとなりました。各国から飛び入りの、カラオケ大会でした。

各国代表の紹介・日本
sウエル2

各国代表の紹介のあと、壇上にて乾杯!
sウエル1

日本を代表して上野先生と牧野さんのデュエット
sウエルカム1


3、大会2日目(21日)

 大会初日は男性、女性のシングルスの第1Rと、女性のダブルスが行われました。私は午後から国際木球連盟の総会出席のため、男性のシングルスと女性のダブルスは見ることができませんでした(従って、カメラにも納まっていません)が、皆さんからいただいた分を掲載します。
 大会終了後、市内のレストランで夕食を取り、ホテルに戻りました。

男性のシングル待ちをする上野先生と澤田君
sシングルス

牧野さんの華麗なショット
1−1

遠藤さんの華麗なショット
1−2

遠藤さんのゲート通過
1−4

牧野さんのゲート通過
1−5

Talia Asmatさんの豪快なショット
1−6

1日目の国際木球連盟総会 1
s会議2

1日目の国際木球連盟総会 2
1−7

1日目の国際木球連盟総会 3
1−8

いつ頃でしょう?芋ご飯を食べたのは
s2日目

2日目の夜はDr.パットが押し掛けて来ました。奥さんは買い物の後に参加
sパット


4、大会3日目(22日)

 大会3日目は男性、女性のシングルスの第2Rと、男性のダブルスが行われました。私は午後から国際木球連盟の総会続きのため、男性のシングルスは見ることができませんでした(従って、カメラにも納まっていません)が、後で皆さんからいただきました。
 大会終了後、市内のレストランで夕食を取り、ホテルに戻りました。

レストランにて朝食。よく食べます!
s3日目

大会開始前にAsmatさんと一緒に
2−1

2日目の牧野さんの華麗なショット
2−3

2日目の遠藤さんの華麗なショット
2−4

男性陣のダブルスの一コマ
2−2

ダブルス終了後、皆さんで
sダブルス

2日目の国際木球連盟総会
s会議1

市内のレストランで3日目の夕食・盛り上がりました!
2−5

タンさん、イさんを交えて、乾杯!
2−6

右からAsmatさん、遠藤さん、イさん
2−7

上野先生、澤田君
2−8

おまけに、スタッフの皆さん・中央が謝さん
2−9

民族レストランでの踊り披露
2−10


5、大会4日目(23日)・ファイナル

 いよいよ大会もファイナルを迎えました。やはり、選手としての日本人を見かけることはできませんでした。
 この日は、澤田君は朝から大会会場に行き、真剣にプレーを見ていました(頼もしいかぎり!)。私たちは午前中、高雄物産館でお土産を買いに出かけました。
 午後は、女性陣は蓮潭池の回りの観光。上野先生と私は大会会場へ出向き、ファイナルの観戦でした。
 今夜はフェアウエルパーティーである。いよいよ最後の夜を迎えました。

物産館での大量のお土産購入
3−3

午後、女性陣が行った蓮潭池の回りにある建物。龍の口から入り虎の口から出る
3−4

ファイナル会場にて
3−2

表彰式・私は男子シングルスの優勝、準優勝、第3位を表彰
s4日目

ファイナル会場にて、台北市立大学の3年生と。高校生の時からの知り合い
3−1


6、フェアウエル パーティー

 いよいよ最後の夜。いつもの通りフェアウエルパーティー!明朝は高雄国際空港07:00分発エバー航空108便にて帰国。5泊6日もアッという間に過ぎました。
 朝、3時にモーニングコールをお願いし、4時半にホテルを出発。眠いの連発でした。成田国際空港には定刻通り11:25分着。現実に戻りました!

主賓席のメンバー
sパーティ4

お土産交換 1
sお土産1

お土産交換 2、日本からはいつものようにコケシ
sお土産2

インドネシア、ジャガーの奥さん(右端)
sパーティ2

Dr.パットとライ・リンさん
sパーティ3


7、帰国

 5泊6日はアッという間に過ぎてしまいました。今回の台湾オープンは20回目ということもあってか、多くの国が参加しました。
 また、IWbFとAWbFの総会で会長、副会長の選出ということもあって、多数の国が参加した要因ではないかと思います。現IWbFの副会長である新谷も第3副会長として再選されました。
 会長は翁さん(台湾)、第1副会長に郭さん(マレーシア)、第2副会長にDr.パット(タイ)、第4副会長にジャガー(モンゴル)、第5副会長にウガンダが選出されました。
 翁会長から、日本は大事な仲間。今後とも是非、木球の普及に尽力して欲しいと期待されました。皆さん、ご協力宜しくお願いいたします!!!

高雄国際空港搭乗待合室にて。お土産が溢れてます
s12279172_1620588181539361_427095732244116566_n.jpg
 
 
今年もいよいよ、残すところ1ヶ月。
来年も木球を楽しみましょう!!!
 




2015/11/26 14:53 日本木球連盟 TB(0) CM(4)
コメント
6日間、有意義で楽しい日々でしたね。
1Rは上手くいったけど、2Rは回りを見て振り上げたら乱れました(^^;(当たり前かっ!)
海外に行くと勉強になります❗
お世話さまでした❗
2015/11/29 14:14 mm URL [ 編集 ]
mmさんへ
コメント、有り難うございました!
本当に楽しかったですね!暑かったですね!食べました、飲みましたね!もう少しPRして、沢山の方に行ってもらえば良かったなと思っています。来年は早目に案内を出します。
それにしても、沢山のお土産を買いましたね。全部、さばけたんですか?
2015/11/29 15:39 新谷 URL [ 編集 ]
Re: 木球人口拡大年!!
woodballmanさんへ
力強い年頭の言葉、頼もしいかぎりです!やはりプレイ人口の拡大は必要ですね。
ただ、中には底辺の拡大だけではなく、中味の充実を期待している方もいます。
役割分担で、底辺拡大と組織、プレーヤー等の充実を同時並行で進めていくことにしましょう!
期待しています!!!
2016/01/08 09:44  新谷 URL [ 編集 ]
Re: 木球を思う老婆心
dumpさんへ
コメント、有り難うございます。
生涯スポーツとしての木球には2通りあると思います。勝敗を意識しないレクリエーション的レベルと常に上を目指す競技的レベルです。両者とも生涯スポーツとして捉えることができます。木球の普及には両者が平行して進むことが必要だと思います。競技的レベルとなると、木球の競技人口の若返りが必要です。世界的にはその傾向があります。日本も若年層への普及が大事だと思います。一般的に高齢となるとレクリエーション的活動となります。これからは若年層への普及に力を入れて行くことが大事だと思います。頑張りたいと思います。
2016/01/29 14:57  新谷 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://woodballfukushima.blog.fc2.com/tb.php/136-3d4bbe10
検索フォーム
カウンター
QRコード
QR