FC2ブログ
木球に関する情報
プロフィール

 新谷

管理人: 新谷
ブログ愛読者の皆さん、こんにちは。今日まで皆さんに支えられ、ブログ掲載もスムーズになり、また充実してきたと思っています。これからも、皆さんを楽しませる記事を掲載していきます。ご期待下さい!

第8回アジア大学木球選手権大会2015
in インドネシア・バリ島 参戦記


第8回アジア大学木球選手権と第5回インドネシアオープン
sCIMG3979.jpg

気持ちよく風になびく国旗
sCIMG4098.jpg

第8回アジア大学木球選手権と第5回インドネシアオープン
sCIMG3981.jpg


1、はじめに

 
 2015年9月3〜8日、インドネシアのバリ島で第8回アジア大学木球選手権大会が開催された。日本からは全日本大学木球選手権大会で選抜された精鋭(?)9名と団長、コーチの11名での参加。
 一行は福島大学から1名(佐藤あずさ)、いわき明星大学から3名(澤田祥孝、栃本翔太、村木研志)、会津大学短期大学部から1名(兼コーチの鈴木勲)、日野明星大学から4名(久島梓緒里、相澤拓也、菅原真、高橋駿介)の選手で構成。そして、団長は日本木球連盟会長の新谷崇一、コーチは日野明星大学木球クラブ顧問の杉原健二。
 9月3日、11時半を目安に成田に集合し、結団式を行い(?)、搭乗待合室へと向かった。
 これ以降は小まめに、写真を交えて日程に沿いながらアジア大学木球選手権大会を紹介します。

成田空港内で結団式(?)
1-1.jpg

乗り換えのためソウルのインチョン空港で 1
1-2.jpg

乗り換えのためソウルのインチョン空港で 2
1-3.jpg

乗り換えのためソウルのインチョン空港で 3
1-4.jpg

乗り換えのためソウルのインチョン空港で 4
1-5.jpg

論文に追われている鈴木先生
1-6.jpg

デンパサール空港にて荷物番の杉原コーチ
1-7.jpg

デンパサール空港の出入り口
1-8.jpg


2、ホテル着

 ソウル・インチョン空港で乗り換え、約7時間でインドネシア・バリ島に到着。思ったより広いデンパサール国際空港。それもそのはず、バリ島は茨城県と同じ広さがある。私は与論島くらいの広さで、島全体が観光地とばかり思っていた。この勘違いが全てを覆すことになる。
 まずは写真でホテルのご紹介を。その前に、バリ島のホテルは高級リゾート地に建つ素晴らしいホテルとばかり思っていた。夜中にホテル到着とあって、回りは何も見えないが、ホテルの受付カウンターは古式豊かなものであった。
 鍵を受け取って、それぞれ部屋に入った。私の部屋は本館の2階。鍵を開けて部屋に入ると、ツインベッドとテレビ、冷蔵庫が目に入る。荷物を置いて、外は真っ暗だろうけど、カーテンを開けてみると、そこは壁であった。何!窓がない?洗面所を覗いてみると、バスタブとシャワーとバスタオル、そしてトイレと洗面台。洗面台には1個の石鹸だけ。他のアメニティは何も無し(歯ブラシ、シャンプー、クリーム等)。
 冷蔵庫があるので、ビールは冷やせるとチョット安心したが、電気を入れても冷えず(壊れている!)。ここに4泊もするの?
 高級リゾート地をイメージしていたバリ島は一瞬にして消え去った。

ホテル 1
2-1.jpg

ホテル 2
2-2.jpg

ホテル 3
2-3.jpg

ホテル 4
2-4.jpg

ホテル 5
2-5.jpg

ホテル 6
2-6.jpg

ホテル 7
2-7.jpg

ホテルの道路向は植木屋さんばかり 1
2-8.jpg

ホテルの道路向は植木屋さんばかり 2
2-9.jpg

ホテルの道路向は植木屋さんばかり 3
2-10.jpg

ホテルの道路向は植木屋さんばかり 4
2-11.jpg


3、開会式

 
 2時間ほどの睡眠で、開会式当日を迎えた。いつも通り、日程変更で、開会式の後はアジア大学選手権のストローク戦のシングルスとダブルスが行われることになった。このスケジュールではシングルスとダブルスをこなすことができるのか心配であった。
 案の定、ダブルスは日没のため2日後に行われることになった。これが功を奏することになるのだが・・・。

開会式の朝、ロビーにて
3-1.jpg

真っ青な空の下の慰霊碑・バジェラサンデー 1
3-2.jpg

真っ青な空の下の慰霊碑・バジェラサンデー 2
3-3.jpg

歓迎のバリダンス
3-4.jpg

代表者による入場行進
3-5.jpg

選手整列 1
3-6.jpg

選手整列 2
3-7.jpg

インドネシア木球協会ジャッキー会長挨拶
3-8.jpg

IWbF AWbF 会長他
3-9.jpg

慰霊碑の前で記念撮影
3-10.jpg


4、男女のシングルス戦

 
 開会式終了後、公式練習となり、その間、各国リーダーはホテルに戻ってミーティング。昼食を挟んで、男女のシングルス戦(12×2R)が午後1時半から始まった。
 スタート開始は予定時間通りであった。しかし、試合が進むにつれ、その流れがあまりにも遅すぎる。選手(学生)達は自分のプレーに集中するのは良いことであるが、あまりにも間合いが長過ぎる。
 普通ならば12コースは長くて1時間半で終了するが、ここでは2時間以上かかっている。これでは到底、ダブルス戦まで消化するには時間不足である。結局、2R目が終了したのは6時過ぎ。スコアの確認も懐中電灯で行う始末である。
 しかし、ダブルス戦が延期ということは、日本選手にとっては試合日が1日増えたことになる。ラッキーなことである。この理由については別な章で述べることにしよう。

スタート待ちのための整列・鈴木先生、久島さん
4-1.jpg

スタート待ちのための整列・高橋君、佐藤さん
4-2.jpg

スタート待ちのための整列・相澤君
4-4.jpg

スタート待ちのための整列・菅原君
4-5.jpg

スタート待ちのための整列・澤田君、栃本君
4-6.jpg

コース上の鈴木先生
4-7.jpg

コース上の相澤君
4-8.jpg

コース上の澤田君、栃本君
4-9.jpg

コース上の村木君
4-10.jpg

コース上の久島さん
4-11.jpg

コース上の高橋君
4-12.jpg

コース上の菅原君
4-13.jpg

コース上の佐藤さん
4-14.jpg

シングルス戦の成績表
4-15.jpg
4-16.jpg


5、ウエルカムパーティー

 
 各国が揃うのは1日遅れの9月4日の夜である。それに合わせて、ウエルカムパーティーも行われた。今夜は睡眠不足もあって、眠たいところであるが、明日は同時に行われているインドネシアオープンのため、学生達にとっては1日フリータイムとなる。高ぶる気持ちで、眠気も吹っ飛んだ感じである。
 セレモニーの後、夕食に入り、その後またパーティーの続きで、バリダンスが披露された。写真んでも分かるように、
ダンスの中に引っ張り出され、楽しい(恥ずかしい)ひと時を過ごした。

インドネシアからのお土産交換の仮面
5-1.jpg

香港チームと同席
5-2.jpg

夕食前のバリダンス
5-3.jpg

ディナー 1
5-4.jpg

ディナー 2
5-5.jpg

ディナー 3
5-6.jpg

ディナー 4
5-7.jpg

ディナー後のバリダンス 1
5-8.jpg

ディナー後のバリダンス 2
5-10.jpg

ディナー後のバリダンス 3
5-9.jpg

全員でハイ!ポーズ 1
5-11.jpg

全員でハイ!ポーズ 2
5-12.jpg


6、島内観光

 
 最初から計画に入れていた、島内観光の日である。1人25米ドルで、日本語をしゃべれるガイド付きの観光である。日本人だけのツアーで、あちらこちらへの観光の希望を聞いてくれて、満足した1日であった。
 観光場所はゴアガジャー(象の洞窟)という寺院→ウブドウの棚田→キンタマニーで昼食→ウブドウのお土産街→スーパーマーケット→海辺と回った。

何の行列かと思ったら、お葬式。これから霊を海に捧げに行くところである
6-1.jpg

ゴアガジャー寺院
6-2.jpg

ゴアガジャー寺院の参道のお土産屋
6-3.jpg

ゴアガジャー寺院に入るにあたって肌を隠す布を巻く
6-4.jpg

参道よりゴアガジャー寺院を眺める
6-5.jpg

ゴアガジャー寺院内の沐浴場
6-6.jpg

ゴアガジャー寺院の象の洞窟入口
6-7.jpg

洞窟の中
6-8.jpg

ウブドウの棚田 1
6-9.jpg

ウブドウの棚田 2出発
6-10.jpg

ウブドウの棚田 3登りは辛い
6-11.jpg

キンタマニーの山と湖
6-12.jpg

キンタマニーの活火山と溶岩泥
6-13.jpg

テラスで昼食、1人11米ドル
6-14.jpg

テラスで昼食、1本5米ドルのビール
6-15.jpg

ウブドウのお土産街 昔は魚市場であった 1
6-16.jpg

ウブドウのお土産街 2
6-18.jpg

ウブドウのお土産街 3
6-17.jpg

海岸で戯れる 1
6-19.jpg

海岸で戯れる 2
6-20.jpg

海岸で戯れる 3
6-21.jpg

バリ島の凧揚げは有名である
6-22.jpg


7、ダブルス戦

 
 初日、時間切れで消化できなかったダブルス戦が大会3日目の9時から行われた。この日はフェアウェイ戦のため、日本選手は本来、試合のない日である。
 日程を紹介すると、大会1日目は午前中が開会式と公式練習で午後がシングルス戦(2R)とダブルス戦(1R)の予選。2日目がインドネシアオープン。3日目がフェアウェイ戦(予選)であるが、日本選手はストローク戦のみに参加(どちらかにしか出場できない)。4日目がそれぞれの決勝となる。
 日本選手は1日目のシングルス戦(2R)とダブルス戦(1R)の予選で負けると、2日目、3日目、4日目の試合出場はないことになる。ダブルス戦が延期になったため、3日目の午前中にダブルス戦の予選行うことになり、試合日が1日増えたことになった訳である。

アジア大学木球選手権大会最後の出場とあって、円陣を組み気合いを入れる 
7-1.jpg

いざ、出陣
7-2.jpg

久島さんと佐藤さんペア
7-3.jpg

澤田君と高橋君ペア
7-5.jpg

村木君と栃本君ペア
7-6.jpg

相澤君と菅原君ペア
sCIMG4111.jpg


8、閉会式・表彰式


 大会も最終日の夜を迎えることとなった。
 大会4日目は各種の決勝のため、日本選手は決勝の観戦となった。学生達は各プレーヤーのプレーを見て、今後の練習に生かしたい眼差しであった。
 予選に進まなかったシングルス戦(2R)であったが、ダブルス戦(1R)は参加チームが少ないため、予選無しで決勝となった。残念ながら、ダブルスもメダル無しである。
 ところが、団体戦において、各国1チームのみが表彰の対象となるシステムのため、日本に3位・銅メダルが転がり込んできた。これほど嬉しい褒美はない!
 学生達の喜びようは写真の通りである!

フェアウエルパーティーでの出し物の練習・実現はしなかった
8-1.jpg

銅メダルの受賞
8-2.jpg

銅メダルの受賞の歓び
8-3.jpg


9、おわりに


 5泊6日(実質4泊5日)のアジア大学木球選手権大会もいよいよ終わりである。最初は早く、このホテルを去りたいと思っていたが、最後となると、なぜか心残りがある。
 このおわりにでは、バジェラサンデーの慰霊碑を掲載したい。慰霊碑の公園は写真の通り、広場に囲まれていて、市民の憩いの場となったり、運動場ともなる。朝夕はウオーキングやジョギングをする市民で一杯になる。
 また、日曜日となると回りの道路は進入禁止、あるいは一方通行となり、市民がさらに集まってくる。近辺の住民は交通渋滞で迷惑に思わないのかと思ってしまうほどである。

広場でサッカーをする子ども達
9-1.jpg

溢れるばかりのウオーカーやジョガー
9-2.jpg

慰霊碑のてっぺんから木球会場を眺める
9-3.jpg

アジア大学木球選手権大会
沢山の思い出と教訓を有り難う!
来年は世界大学木球選手権大会だ!!!







2015/09/09 15:11 国際交流 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://woodballfukushima.blog.fc2.com/tb.php/128-c5e007e1
検索フォーム
カウンター
QRコード
QR