FC2ブログ
木球に関する情報
プロフィール

 新谷

管理人: 新谷
ブログ愛読者の皆さん、こんにちは。今日まで皆さんに支えられ、ブログ掲載もスムーズになり、また充実してきたと思っています。これからも、皆さんを楽しませる記事を掲載していきます。ご期待下さい!

 この度、新たなシリーズとして、「日本木球連盟・支部だより」を掲載していきます。「支部だより」と言っても、そんなに沢山支部がある訳ではないですが、卒業生が地元に戻って仕事をしている場合、その地元を支部と捉えて、卒業生の活躍ぶりを紹介しようとするものです。第1回目は「新潟県木球協会」です。

日本木球連盟・支部だより
第1回 〜新潟県木球協会〜


 新潟県木球協会には横木健一さんがいます。横木さんは福島大学卒業後、地元の新潟に戻って公務員として働いています。福島大学在学中に、木球にはまってしまい、卒論まで木球で書き上げたほどの熱の入れようでした。地元の新潟県にも木球の普及をと、2011年から新潟県で木球の大会を開催しています。開催のきっかけは、2011年の東日本大震災による原発で、毎年福島で開催している全日本大学木球選手権大会が開催できなくなり、会場を新潟県新発田市に変更して実施したことによるものです。その時に、「第1回新潟県木球大会」を同時に開催しました。福島県から応援選手が多数参加して、盛大に記念大会を開催しました。
 今年は3回目を迎えるわけですが、今年から講習会を中心とした大会にしていこうと、普及の方針を少し変更しました。その新潟県は、まだ雪の中で、木球シーズンにはほど遠いという感じですが、横木さんの燃えるような熱い心意気は、真っ白な雪も溶かしてしまうほどです。木球シーズン到来も、目前ですね!

横木さんのコメントです。

日本木球連盟新潟支部の横木です。
 福島県の木球愛好家の皆さまの力を借り、現在までに3年間にわたり新潟県内で木球大会を開催するなどの活動を通じ、新潟支部を設立するに至りました。
 新潟県の公園ではまだ雪が 解けず、シーズンは到来していませんが、今年は練習会を多く開催して新潟支部における活動を盛り上げていきたいと考えております。
よろしくお願いいたします。


新潟県



関連記事
2013/03/15 08:42 日本木球連盟 TB(0) CM(1)
コメント
Re: お久しぶりです。
コメント、有り難うございます。目下、あの手この手を使って木球の認知度を高めようと必死です。
周りの木球仲間も協力的ですので、このようなブログも立ち上げることができました。ただ、ブログの内容は木球を知っている方々が対象のものなので、普及にまでには繋がっていないのかな・・。でも、頑張って楽しい記事、ためになる記事を掲載しますので応援を宜しくお願いします。
2013/03/20 09:44  araya URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://woodballfukushima.blog.fc2.com/tb.php/12-30429259
検索フォーム
カウンター
QRコード
QR