FC2ブログ
木球に関する情報
プロフィール

 新谷

管理人: 新谷
ブログ愛読者の皆さん、こんにちは。今日まで皆さんに支えられ、ブログ掲載もスムーズになり、また充実してきたと思っています。これからも、皆さんを楽しませる記事を掲載していきます。ご期待下さい!

第10回民友新聞掲載 平成27年2月26日朝刊(掲載許可済) 

200.jpg



 ・福島市
   福島大学名誉教授
   日本木球連盟会長
      新 谷 崇 一 氏





  亡き友を思う
                                 新 谷 崇 一

 「ヤー、新谷君、元気だった?」「なんとか、頑張っているよ!」
 「馬場君は?」「ボチボチね!」
 これは蔵王で32年も前から続いている、ある女子大学のスキー実習での会話である。2年ぶりのスキー実習で、今年は彼の温和な声を聞けなかった。東京をバスで朝6時半に出発して、ホテルに12時に着いたバスに彼は乗っていない。1年に1回の短い会話であったが、私の心はなごむ。   彼とは大学院時代に出会った大の親友である。偶然であるが二人とも九州男児で、なぜか気が合う。大学院時代にはお互いの下宿を行き来し、飲みながら晩ご飯を共にし、お互い偉そうに、わけも分からないことを議論したことが、今では懐かしく思い出される。
 彼は敬虔なクリスチャンであった。いつからクリスチャンなのか私は分からないが、出会ったときはすでにクリスチャンであった。スキー実習のとき、食事の前には必ず祈りを捧げる。大げさに行なわないので、私たちは見て見ぬふりであったが、その姿は自然体で違和感を感じなかった。
 私は北海道育ちだが、彼は九州から東京に出てきたのでスキーの経験はない。経験がないのに彼は所属大学のスキー実習の責任者。彼に頼まれて、今日まで手伝うことになった。彼の腕(足)前は褒められたものではないが、初心者の指導は抜群であった。相手の気持ちになりきれるからであろう。これもクリスチャンの成せる技なのかと、脱帽するだけであった。
 彼は自分を犠牲にすることを惜しまない。また、頼まれたことを断ることができない性格であった。学生が、悩みがあって研究室を訪れたとき、自分の研究時間を割いて、何時間でも学生の話しを聞いていたそうである。また、学生思いの彼は研究室にカセットコンロや鍋を備えて、お腹をへらした学生を迎い入れては芋を蒸かしたり、お好み焼きを作ったりして、一緒に食べていたそうである。
 ある日、彼はゼミの調査の下見に午前中一人で出かけ、歩いていたとき路上で倒れた。午後、通行人が救急車を呼び、病院に運ばれたが、既に心肺停止。急性心筋梗塞で、帰らぬ人に。2013年5月21日、65歳の若すぎる召天である。 
 快晴をはさんだ穏やかな天候でのスキー実習は数年ぶり。学生は満足して帰路に就いた。
 馬場君、ありがとう!






コメント
若すぎます
 私の年齢になると、いつお迎えがきてもおかしくないのですが、その若さで逝くとは悲しいことです。私の親しかった刑務官の友人も若くして逝ってしまいました。テレビで刑事物を見るたびに友人を思い起こします。なぜか寂しいですネ。:合掌:
2015/02/27 16:43 dump URL [ 編集 ]
dumpさんへ
コメント、有り難うございます。
実は私の親友で、もう1人、昨年、亡くなったのです。それは大学時代の親友で、学生運動(私が卒業した大学は学生運動の巣でした)で一緒に戦った仲間です。学生運動で中途退学し、離れ離れになりましたが、昨年の11月の同窓会後に判明(奥さんから連絡あり)。同窓会の時には既に亡くなっていました。
2人の分まで生きなければと思っています。
頑張りましょう!
2015/02/28 09:42 新谷 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://woodballfukushima.blog.fc2.com/tb.php/111-b74ca39a
検索フォーム
カウンター
QRコード
QR