木球に関する情報
プロフィール

 新谷

管理人: 新谷
ブログ愛読者の皆さん、こんにちは。今日まで皆さんに支えられ、ブログ掲載もスムーズになり、また充実してきたと思っています。これからも、皆さんを楽しませる記事を掲載していきます。ご期待下さい!

コーナー第4弾
国際木球連盟・競技規則の問題点

 
 現在、国際木球連盟の中でルールの改訂あるいは解釈をめぐって、議論が行なわれています。コーナー第4弾では、その議論の中味を紹介すると同時に日本の立場を明らかにしていきたいと考えています。
 <その3>ゲート通過に関わる判定について、皆さんから活発なご意見・コメントをいただき、今回も賑やかなブログとなりました。いただきましたご意見・コメントを国際木球連盟の競技規則に反映していきたいと考えております。有り難うございました。
 今回も皆さんから、忌憚のないご意見をいただき、国際木球連盟の競技規則に反映していきたいと考えています。どしどし、ご意見を投稿して下さい。お待ちしております。


<その4>ゲートエリア内における打順について


 その4における問題の提起は、今まで起きてきたルールの改定、解釈の違いなどと異なり、ルール策定の過程における問題点の指摘も含まれています。そこらを注意して、その4に取り組んで下さい。

◎国際木球連盟・競技規則 2011
 
 第九章 ゲートエリア内での反則と罰則
 1、ゲートエリア内での打順について

 1 の原文の直訳
 フェアウェイ戦において、ゲートエリア上のボールはゲートから遠くにあるボールに優先権があり、ストローク(打撃)戦においてはゲートの近くにあるボールに優先権が与えられる。違反者は1打の罰則が科せられ、次の打撃はボールの新しい位置から行なう。ボールがゲートを通過しても、それは認められない。

 1 の日本語訳のルール=2008年第3回改訂版の意訳
 審判はゲートエリアに止まっているボールの状態によって、打順を決めることができる。原則として、ゲートに近いボールから先に打たせる。違反者は1打加算され、ボールの新しい位置から打撃を開始する。もし、ゲートを通過しても認められない。

◎問題の所在
 このルールは2011年の第4回改訂版から記載されたものであり、日本語訳のルールは2008年第3回改訂版の原文を意訳したものである。
 問題の所在は2011年の第4回改訂版に記されている、「フェアウェイ戦」と「打撃戦」での打順が国際木球連盟の会議を経てから承認されて付加されたのではなく、台湾木球協会が勝手に付け足したことにある。
 つまり、台湾木球協会の独断でルールを作成したのである。

◎改訂の趣旨
 まずは審判員がいなくてもゲームを進めることができる。そして、マークをする時間を減らし、スムーズにゲームを進めることにあると考えられる。

◎国際大会などにおける現状
 この規則は各国への周知不足があり、国際大会などにおいてもほとんど遵守されていないのが現状である。競技規則としても掲載されているが、フェアウェイ(コース)では一般的にボールがゲートから遠くにある選手から打ち、ゲートエリアでは原則としてボールがゲートから近くにある選手から打たせている。これはマークの時間を省いて、試合の進行をスムーズにさせるためであるが、ゲートに近い選手でも審判にマークを要求して、ボールが遠くにある選手から先に打たせているのが現状である。

◎問題への対応
 なぜ、フェアウェイ戦と打撃戦で打順を変更しなければならないのか。そこらの意味を明らかにすると同時に、台湾木球協会が独断でルールを変更したことを追求していきたい。
 今後、日本では新しいルールを意識しながらも、ゲートエリアにおいては従来通りゲートに近いものから打つのを原則としつつ、場合によってはマークもありとしていきたい。

附則
 ゲートエリアと言っても、一般的に直径5メートルのゲートエリアを設けているコースはほとんどない。従って、この場合、ゲートエリアはゲートを中心に半径2.5メートル以内のエリアを想定したものと考えたい。
 日本ではゲートからマレット1本分の範囲内の場合は近いボールから打たせるとしているが、これらに対しても審判委員会で再検討して、ローカルルールとして決定していただきたい。


 さて、皆さんはこのルールにどう判断するでしょうか?

 皆さんは台湾木球協会が独断で作成したルールを指示するか、場合によってはマークの要求もアリとするか、どちら派でしょうか?

続  く










2015/01/30 11:05 日本木球連盟 TB(0) CM(6)
コメント
国内外のルール作りの統一
 ルールについていろいろの考え方がある。ただ、競技人口を考えるとき、やはり国際ルールが基本となる。各国解釈の相違はあるのでなかなか難しいと思うが、せめて国内大会でのルールの統一は不可欠である。国際ルール、日本国内でのルール、地域クラブのローカルルール等、できるだけ国際ルール遵守の大会を望むものである。
2015/01/31 08:48 DUNP URL [ 編集 ]
DUNPさんへ
全くその通りです。国際ルール遵守は大前提です。しかし、木球は他の近代スポーツ(ゴルフ、野球、サッカー等)と違って、現在、発展途上にあるスポーツです。そのリーダーとなっているのが木球の考案国である台湾ですが、その台湾が木球の発展にルール違反しようとしているのです。各国、力を合わせてそのあたりを抗議していきたいと考えています。
国際ルールを遵守しながら、日本国内独自のローカルルールも審判委員会とともに審議しながら模索していきたいと考えています。
貴重なコメント、有り難うございました。
2015/01/31 09:25 新谷 URL [ 編集 ]
DANPサンのコメントにあった様に、各国のルールの統一は大事だと思います。
ゲートエリアの大きさ、エリア内での打順、現在の日本のルールは分かり易いと思います。私もプレイ形式によってエリア内での打順を変える必要は無いと思います。一国のみで決めたルールでは無く、各国で協議したルールを国際ルールにしてください。そのための国際木球連盟だと思います。
2015/02/02 12:56 ダフ URL [ 編集 ]
ダフさんへ
コメント、有り難うございます。
何のための国際木球連盟なのか、もう一度考え直さないといけませんね。
木球がゴルフやサッカーのような近代スポーツに追いつけないのには、プレー人口だけでなく、統一された国際ルールの存在や組織にあると思います。これからも頑張って発言していきます!
私に、もう少しペラペラと喋れる語学力があれば、国際木球連盟も変わっていくんだが・・・。
2015/02/03 09:14 新谷 URL [ 編集 ]
日本木球連盟の責任の重さ
 本問題については、なかなか難しい問題が網羅されておりますが、しかし、日本木球連盟の一員として責任を痛感いたします。やはり今後、方針や対応について十分検討の必要性は感じております。
2015/02/04 10:00 woodballman URL [ 編集 ]
woodballmanさんへ
コメント、有り難うございます。
皆さん、国際木球連盟の公平なリーダーシップを望んでいるようです。同時に、日本木球連盟もしっかりとした姿勢を示さなければなりませんね。そのためには各専門委員会がリーダーシップを発揮して、日本の木球の発展をリードしていって欲しいです。
2015/02/04 10:28 新谷 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://woodballfukushima.blog.fc2.com/tb.php/107-23b86c27
検索フォーム
カウンター
QRコード
QR