FC2ブログ
木球に関する情報
プロフィール

 新谷

管理人: 新谷
ブログ愛読者の皆さん、こんにちは。今日まで皆さんに支えられ、ブログ掲載もスムーズになり、また充実してきたと思っています。これからも、皆さんを楽しませる記事を掲載していきます。ご期待下さい!

コーナー第4弾
国際木球連盟・競技規則の問題点

 
 現在、国際木球連盟の中でルールの改訂あるいは解釈をめぐって、議論が行なわれています。コーナー第4弾では、その議論の中味を紹介すると同時に日本の立場を明らかにしていきたいと考えています。
 <その1>OBの判定をめぐってで、皆さんから活発なご意見・コメントをいただき、久しぶりに賑やかなブログとなりました。いただきましたご意見・コメントを国際木球連盟の競技規則に反映していきたいと考えております。有り難うございました。
 今回も皆さんから、忌憚のないご意見をいただき、国際木球連盟の競技規則に反映していきたいと考えています。どしどし、ご意見を投稿して下さい。お待ちしております。


<その2>OB時のボールのスタート位置と
横打の是非について



1、OB時のボールのスタート位置

 ◎国際木球連盟・競技規則 2011
 第五章 試合
 Ⅲ 試合の進め方
 2、試合中・・・(3)ボールの位置について

 (3)は「・・・・・ボールが境界線から飛び出した地点を中心に、マレットの木瓶2つ分を半径とする円内にボールを置き、1打加算して打撃を再開する。」とある。これはOBの処置とOB後のスタート時のボールの位置を示したものである。日本のルールブックには赤字の様に「円内にボールを置き」となっているが、原文では「the center with a radius of 2 mallet heads,」となっている。
 この原文のままで解釈するなら、「円内に」とはならず、「木瓶2つ分の半径をもって」となる。

 日本と海外でのスタート時のボールの位置の違い
 日本の場合は半径の円内にボールを置いてスタートするが、海外での大会では円外にボールを置いてスタートしている。この違いはどこから出てくるのか?
 これは前回の<その1>で述べた、OBの処置の考えの違いによるものと考えられる。台湾の主張する「OB側からラインに接していればセーフ」という考えによるものであり、日本やマレーシアが主張する「全てOB」との違いである。

 競技規則への対応
 この問題解決には前回の<その1>のOBの考え方に決着を付けない限り、解決しないと考えられる。従って、現時点では日本では「円内から」、海外では「円外から」という2通りが可能となる。

 日本での対応
 円内からスタートするか、円外からスタートするかによって様々な影響が出て来る。その差は5センチくらいであるが、OBラインからゲートを狙う時の角度に、あるいはコーナーにおいて1打余分に打って、新たなコースに出るという差が生まれて来る。
 どちらにしても、日本では「円内から」というローカルルールで行ないたい。海外遠征の時は堂々と「円外から」スタートして下さい!


2、横打の是非について

 この問題は様々な場所で議論を呼んでいる。横打の是非について考えてみたい。

 ◎国際木球連盟・競技規則 2011
 第七章 打撃の反則とそれに対する罰則
 1、「打撃の時、選手は両足で立たなければならない。・・・マレットはボールの後方に置かなければならない」
 8、「マレットでボールを押すような行為は許されない。・・・・・」
 9、「転がっているボールをさらに打ってはならない・・・・・」
 
 横打に関係するようなルールとしてその他、挙げられるのは第5章 Ⅲー2−(14)「・・必ずマレットの柄の部分を握るようにして打ち・・」。 (15)「自分の股間から打ったり・・できない」などが挙げられるが、どれも「横打はダメ」というルール(文言)はない。

 それではなぜ横打が問題なのか
 横打でも上記、第七章の1はクリアされている。考えられるのは上記、第七章の8、9のルールであろう。つまり、「押す」という行為に関わるからであろう。ボールは「ヒット」されなければならない。

 海外選手の場合
 この横打というフォームをよく見かけるのは香港の若者である。特に、ゲート近くで、絶対に入らない角度の時、このフォームを用いて、押し込むような行為をする時である。しかし、近年、香港以外の選手の目が厳しくなり、慎む傾向になってきている。

 日本での対応
 ルールブックの通りにいくならば、横打の禁止はあり得ない。しかし、限りなく「押す行為」に近いと判断されるような時ははっきりとペナルティを科すべきである。その時は第三者の目が必要になるので、回りでしっかり見届ける必要があるであろう。
 いろいろな判断が煩わしいので、ローカルルールとして「横打は禁止」ということはあり得るが、日本木球連盟としての禁止の事態までには至っていない。今後の専門委員会での検討を期待したい。


 さて、皆さんはこのルールにどう判断するでしょうか?

 <その1>問題点の追加を行ないました。改めて覗いて見て下さい!

続  く









2015/01/16 09:14 日本木球連盟 TB(0) CM(9)
コメント
スタート位置について
ボールの中心点が基準ならば、半円内に中心点があればいいと思います。
今現在のボールがそのまま内側とは若干違うかもしれません。
横打について
周りの方の目に頼るのは危険かと思います。
十人十色でしょうし人とのしがらみまで出てくるでしょう。
と、思いました。
2015/01/16 13:36 mm URL [ 編集 ]
勉強不足で申し訳ないですが、OBにしろ、スタート時にしろボール自体の基準点はボールの中心というのは国際的な統一が取れているのでしょうか。
サッカーではボールが「完全に」ラインを割ったりしないと「外」にはなりません。コーナーキックも物理的にラインに接していなくても上から見て一部かかっていれば違反にはなりません。OBの話に直せば、台湾式でも大丈夫ということです。そこの統一がなされてないのであればそこも統一の必要があると思います。
2015/01/17 07:31 マレット URL [ 編集 ]
mmさんへ
スタート位置について。OBの定義は、ルールブックによるとOB側でラインに触れないで外側にあればOBであると規定されているだけであって、ボールの中心点が規準となるとはどこにも出てきません。細かいですが、半円のラインに触れていなければ、ボールの一部が半円より出ていても構わないとなります(=中心点が半円内にあれば良いとなります)。
横打について。横打はアリかナシかのどちらかに統一すべきであるということでしょうか?
2015/01/18 11:40  URL [ 編集 ]
マレットさんへ
OBにしてもスタート時にしても、ボール自体の基準点はボールの中心という文言はありません。OBの場合は<その1>でも述べたように、OBラインに触れていなくて、外側にあればOBであるとだけであり、中心点がなにがしとは出てきません。木球の場合のOBは、サッカーのように上から見てどうのこうのではなく、ラインに触れているか否かで判定します。
だから、ここらあたりの再定義(ルールの見直し)が必要になってきますね。
2015/01/18 11:51  URL [ 編集 ]
ボールは「ヒット」されなければならないとありましたが、ボールにマレットが当たった時に木瓶を後ろに引いたら、横打ちでも大丈夫ですか?
2015/01/19 12:53 ダフ URL [ 編集 ]
メジャースポーツにおけるアウト(OB)の判定
<バレーボール>
バレーボールの場合、5センチの白線がセーフかアウトかのラインになります。この白線に触れているか否かで決まります。ボールをただ置いただけの場合は接触は点になります。この点が白線の上にあるかどうか(触れているかどうか)で決まります。また、アタックなどでボールが押しつぶされ、接点が面になる場合があります。その場合も白線に触れているとセーフです。従って、接点が白線から離れていて、上から見てボールが白線にかかっているという場合はアウトとなります。バレーボールのラインズマンは上から見るのではなく、横から、あるいは低い所から見ています。判定は木球と同じです。

<ゴルフ>
ゴルフの場合はOB杭というものがあります。OB杭は杭と杭の内側(スルーザグリーン、いわゆるイン側)を結んだ線上が境界線となります。この線上にボールが少しでもかかっていればセーフ、球全体が離れているとOBとなります。バレーボールや木球とは違いますね。

このようにメジャースポーツにおいても、アウトかインの判定はまちまちです。早く木球のルールを確定していかなければなりませんね。
2015/01/19 13:10 新谷 URL [ 編集 ]
ダフさんへ
面白い考えですね。
普通の打撃の場合はスイングが早いので当たった瞬間、ボールは飛んでいきますので、ヒットという表現が可能です。しかし、横打の場合はスイング(打撃)が遅いので、ヒットという表現は当てはまらず、押すようなイメージを持ちます。そこで、横打で当たった瞬間、マレットを後ろに引く。一度やってみなきゃ、今は答えられないですね。実験してみましょう!
2015/01/19 13:19 新谷 URL [ 編集 ]
スタート位置については、半円に線があるわけでないので、「この辺かな?」くらいのアバウトさはあるでしょう。
横打については、誰が見ても○×がつくようにしておかないと審判の荷が重いでしょう。
なので、個人的には賛成できません。
これほど 人によって解釈の違いが出てくるのは良くないことですね。
統一を急いでください!
私なんかは、一度頭に入ったルールはなかなか上書きできないですから、しっかりとした講習も必要です。
言いたい放題でスミマセン!
2015/01/19 14:30 mm URL [ 編集 ]
横打へのコメント、有り難うございます。
やはり、○×をつける方がいいでしょうかね。横打のフォームはダメというルールはないので、新たに設けることになります。設ける理由は押してはいけないというものが根拠になると思いますが、その実績が乏しいです。日本では2人くらいで、世界的にはあまり見かけません。香港では横打は慎みつつあります。
現行犯で実績を積む・・? 審判委員会に判断を仰ぎましょう!
2015/01/20 14:45 新谷 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://woodballfukushima.blog.fc2.com/tb.php/104-5c835436
検索フォーム
カウンター
QRコード
QR