FC2ブログ
木球に関する情報
プロフィール

 新谷

管理人: 新谷
ブログ愛読者の皆さん、こんにちは。今日まで皆さんに支えられ、ブログ掲載もスムーズになり、また充実してきたと思っています。これからも、皆さんを楽しませる記事を掲載していきます。ご期待下さい!

コーナー第4弾
国際木球連盟・競技規則の問題点

 
 現在、国際木球連盟の中でルールの改訂あるいは解釈をめぐって、議論が行なわれています。コーナー第4弾では、その議論の中味を紹介すると同時に日本の立場を明らかにしていきたいと考えています。
 皆さんから、忌憚のないご意見をいただき、国際木球連盟の競技規則に反映していきたいと考えています。どしどし、ご意見を投稿して下さい。お待ちしております。


<その1>OBの判定をめぐって

 ◎国際木球連盟・競技規則 2011
 第五章 試合
 Ⅲ 試合の進め方
 2、試合中・・・(2)の改訂、解釈について

 (2)は「試合中、ボールが境界線の外に出てしまったら、それはOBとみなす。」というルールである。
 ところが、競技規則の原本には脚注がついている。
 「試合中、ボールがOBラインの外に転がって出て、それが戻って来てラインに触れている場合はOBとみなされる。ただし、その場合、レフリーやラインズマン、同じ組の仲間の目撃があった場合にOBとみなされる。同じ組の仲間の同意が得られない場合、決定はボールの置かれている状態で判断する。」となっている。

問題点の追加
 第八章 2、「選手の打ったボールがOBラインよりOB側に止まった場合、ボールがOBラインに触れていなければ、それはOBとなる。・・・」とある。

 非常に曖昧な脚注と表現である。
 もし、レフリーやラインズマン、同じ組の仲間の目撃がなく、ボールがOB側にあって、ラインに触れていたらどう判定するのか?脚注ではボールの置かれている状態で判断するとある。
 また、この脚注だと、目撃者がいなかった場合はOBではないとも解釈できる。
 第八章の2の原文は「it rolls out of boundary line without touching the boundary line」となっている。もし、OBラインに触れていたらどう判断するのか?

 これをめぐって、競技規則の制作者である台湾は「セーフ」とみなしている。つまり、OB側からラインに触れている場合は有無を言わせず「セーフ」である。

 これに対して、日本とマレーシアはOB側からラインに触れている場合は、全て「アウト」とみなしている。

 
 全て「アウト」とする日本の理由。
 競技規則、第一章 木球コース Ⅱ. 木球コースの設定 8「フェアウェイのOBラインは、直径1センチの白または黄の丸い紐とする。」とある。
 この規則から判断できることは、直径1センチの紐の上にボールは乗っていることはできない。必ず、どちらかに転がり落ちる。転がり落ちた場合は必ず、紐から離れる。OB側に転がり落ちて、離れた時点でOBと判断することができる。もちろん、草深い中に紐が埋まっている場合は転がり落ちない場合があるであろうが、それは例外である。
 一般的に、ラインからOB側にボールが出るのは目撃され、あまり問題にはならないが、目撃されない場合も時々ある。この様な時、この問題が起きてくるのである。

 シンガポールの審判員の質問。
 シンガポールでは斜面に沿って、OBラインを設営することがある。その時、ボールがラインのOB側に触れながら転がっていくのを目撃したことがあると言う。この場合はどう判定するのか?
   ↓
 例外的にあるであろうが、設営に問題がある。斜面にOBラインを設営することはあるであろうが、その場合はIN側よりOB側を斜面の高い方に設営しなければ解決する問題であると指導しておきました。
 つまり、OB領域を坂の下側に設定するということです(新谷)。

 さて、皆さんはこのルールにどう判断するでしょうか?

続  く






2015/01/12 09:15 日本木球連盟 TB(0) CM(11)
コメント
日本がいつも正解とは言いませんが、これに関しては主張したいですね!
そんな中で台湾が真っ向から反対意見なのは解せません。
しっかりと解説してきてください!!
2015/01/12 11:33 mm URL [ 編集 ]
台湾は独走態勢にあるんです。自分の所が一番という変な自負があるんです。特に、今の秘書長がガンなんです。一昨年の台湾オープンで、試合の進行が遅れたのも、この秘書長の判断ミスなんです。しっかり言い包めてきます。
2015/01/12 12:21  URL [ 編集 ]
不可思議な木球ルール
 日本での木球人口は、あまり多くはないが、やはり世界的なスポーツとして拡大・発展を考えるなら、やはり多くの国の方に受け入れられるルールを取り入れるべきである。木球創始者への尊敬の念は変わりないが、十分検討が必要と思われる。親日的なマレーシアと共に頑張っていただきたいと思う。
2015/01/12 12:22 woodballman URL [ 編集 ]
応援、有り難うございます。マレーシアの郭さんは言います。木球が世界的なスポーツに発展し、大会を多くの人々が観戦している時、プレーヤーの目には入らないが、観戦者が明らかにラインを出たと確認しても、ボールがOB側でラインに触れていたら、セーフで処理する。観戦者はいい加減なルールだなと驚くでしょう!
皆さん、いかがですか?
2015/01/12 14:12  URL [ 編集 ]
ボールが線から出た場合のルールは多くの競技に存在しますので、世界的に普及しているスポーツの競技規則も参考にしてみてはどうでしょうか。
勉強不足で申し訳ありませんが、そもそも規則で「審判」の存在を認めながら、審判が見ていない場合が想定されてることに疑問があります。審判は出た出ないの判断をするために存在するのではないでしょうか。
2015/01/13 12:33 マレット URL [ 編集 ]
審判や選手が見ていなくて、観客がOBを見ていて、それがセーフになるのは木球のイメージにとってマイナスになると思います。
スコアの為だけでは無く、分かり安く公平なルール作りをお願いします。
2015/01/13 12:38 ダフ URL [ 編集 ]
世界的に普及しているスポーツの競技規則を参考にしたいと思います。
例えば、広いコートで行なわれるサッカー。人間の目には限度があります。それを補うものとして、補助としてのレフリーをもう1人置きます。木球の世界大会などは各コースに1〜2人の線審を置いて、少しでも公平性を保つよう行なっています。審判が見ていない場合ではなく、見えない場合の時にどうするかです。そのような時、日本の「全てをアウトにする」という理由が考えられるのです。
いかがでしょうか?
2015/01/13 13:22  URL [ 編集 ]
分かり易く、公平なルール作りに頑張ります。
木球はまだスタートしたばかりのスポーツです。これから、将来的に世界的なスポーツに発展していくと、組織、ルールの統一が大事になってきます。そのことを念頭において、ルールの完成に努力していきたいと考えています。
2015/01/13 13:28  URL [ 編集 ]
ありがとうございます。言葉足らずですいません。審判が見ていないと見えない場合は同義で使わせていただきました。つまり、そもそも審判が見えない場合を規則で想定することに疑問があります。例えばサッカーにおいて「ボールが外に出た場合、審判が見えない場合はホームチームのボールとする」というような規則は存在しません。審判は見える、見えない場合関係なく「判断」することが求められると思います。だからこそより公平、正確なジャッジをするために審判資格にランクを設けているのではないでしょうか。
2015/01/14 12:26 マレット URL [ 編集 ]
その通りですね。審判は見える、見えないに関係なく「判断」することが求められますね。その時、ルールの存在は大きいものになると思います。そのルールが何に基づいて作成されたか、その根拠が正しければ審判の判断も自信を持って下せると思います。今回のOBの問題は根拠が見えないので、それを正したのです。1㎝の丸い紐の上にボールは止まっていることはありえません。必ず転がり落ちて、紐から離れるはず(確率が高い)です。離れた時点でOBです。従って、OB側で紐に触れていても、それはOBと判断したのです。
審判が見えない場合を規則で想定するということには疑問があるのは確かです。今回の木球のOBルールは言葉足らずのところがあるように思います。脚注などを書かないで、日本式に言えばOB側にあって、ラインに触れていた場合は全てOBとすると改訂すべきであると主張したいです。審判資格へのランク付けは同意です。
2015/01/15 09:10  URL [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
記載頂きました根拠の件は分かりやすく、その通りだと思います。
私も木球の国際的なルールの統一は必要だと思いますので発言させていただきました。今年もよろしくお願いします。
2015/01/15 12:19 マレット URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://woodballfukushima.blog.fc2.com/tb.php/103-ec9a01c2
検索フォーム
カウンター
QRコード
QR