木球に関する情報
プロフィール

 新谷

管理人: 新谷
ブログ愛読者の皆さん、こんにちは。今日まで皆さんに支えられ、ブログ掲載もスムーズになり、また充実してきたと思っています。これからも、皆さんを楽しませる記事を掲載していきます。ご期待下さい!

第10回民友新聞掲載 平成28年2月20日朝刊(掲載許可済) 

 200.jpg



 ・福島市
   福島大学名誉教授
   日本木球連盟会長
   国際木球連盟副会長
        新 谷 崇 一 氏




         生涯スポーツの”ススメ” ②
                                 新 谷 崇 一

 継続は力なりと簡単にいうが、何事においてもそう簡単に継続はできない。生涯スポーツにおいても、長い人生の中で年齢に応じたライフステージがあり、継続してスポーツを生活の中に取り入れるのは難しい。②では日常生活の中に、どうしたらスポーツを継続して取入れることができるかについて考えてみたい。
 平成24年度実施の文部科学省の調査によると、「成人の週1回以上、運動・スポーツを行う者」の割合は全体で47・5%であった。オーストラリアでは69・5%(15歳以上)、ニュージーランドでは79%(16歳以上)と日本に比べ、はるかに高い。オーストラリアやニュージーランドではガーデニングも運動に入れている。カナダは、運動はスポーツだけでなく、散歩や掃除、家事も含めている。日本と運動のとらえ方が違う。
 2月5日、郡山市で「生涯スポーツ・体力つくり全国会議2016」が開催され、伊達市役所健幸都市づくり課の長沢弘美さんが「健幸ポイント事業の取組み」について報告した。これは「健幸ポイントプロジェクト」というもので、平成26年度より3年間、スポーツ庁などの支援を受けて実施している。事業は歩く、健康運動教室、ウオーキング教室などで健康づくりを実践。歩数や参加点をポイント化し、貯まったポイントを商品券などに変換し、地元で利用する。このサイクルは健康づくりのきっかけとなり、地域消費の推進にもつながる。一石二鳥という仕組みである。
 さて、本題の生涯スポーツの継続であるが、継続にはまず発想の転換が必要と考える。運動はスポーツだけでなく、庭いじり、掃除、移動などすべてが対象。スポーツと改まるから、堅苦しくなり、取りかかりも躊躇し、継続も厳しくなる。
また、生涯スポーツを地域全体のものとしてとらえ、伊達市のように行政の支援を得て、地域ぐるみでムードを高めて実践していくのも一つの手ではないか。
 これからは、運動はスポーツのみという考えから、趣味としての庭いじりなども対象とし、生涯スポーツを「生涯運動」と改めてはいかがか。そうすると、生涯スポーツの受止め方が広がり、スポーツだけが先行せず、対象の幅が増え、継続しやすくなるのでは。
 しかし、スポーツの「楽しさ」を、一生に1度だけでも、味わってほしい。



日本木球連盟から2つのお知らせ!!!

1つ目 「木球のホームページ」完成!
 日本の木球界において、念願であった「木球のホームページ」が完成しました!
 ホームページを覗くにはブログ「木球福島」から入っていただき、「木球のホームページ」にリンクして下さい。
 ご尽力いただいたのは日本木球連盟広報部長の金子道男さんです(拍手!)。感謝感謝です!

      ※WEB検索は《日本木球連盟又はhttp://woodball-japan.jp》でヒット


2つ目 第7回ワールドカップ世界大会参加者募集!
 下記の通り募集しています!!!

第7回ワールドカップ木球選手権大会2016
済州島へのお誘い
                                      日本木球連盟

 皆さん、今年もいよいよ木球シーズンの始まりです。
 2月にはタイランドオープン、3月にはウガンダオープン、4月には香港オープン。
そして5月には下記の通り、ワールドカップ木球選手権大会が開催されます。
フライトの予約の関係で、早目の募集をいたします。
奮ってご参加下さい!!!


1、期 日:2016年5月25日〜31日
2、会 場:韓国・済州島
3、競 技:ストローク戦、フェアウェイ戦のシングルス、ダブルス、団体
4、諸費用:
 ①サンクション費:1人20米ドル
 ②登録費:1人15米ドル
 ③参加費:ストローク戦、フェアウェイ戦
      シングルス・1人30米ドル、ダブルス・1組40米ドル
      団体・1チーム40米ドル(フェアウェイ戦は100米ドル)
 ④宿泊費:1泊1人75米ドル(75×6泊=450米ドル)
5、フライト
 ◎アシアナ航空                
 <行き・5月25日>                   
 羽田発12:20〜金浦着14:20        
 金浦初17:00〜済州着18:05
 <帰り・5月31日>              
 済州発13:15〜金浦着14:20
 金浦発15:50〜羽田着17:55

 航空運賃 61、490円(2月現時点で)

*お申し込みは新谷まで
電話番号・FAX 024−548−8280
締め切り:3月5日(土)









2016/02/02 12:37 日本木球連盟 TB(0) CM(0)
検索フォーム
カウンター
QRコード
QR