FC2ブログ
木球に関する情報
プロフィール

 新谷

管理人: 新谷
ブログ愛読者の皆さん、こんにちは。今日まで皆さんに支えられ、ブログ掲載もスムーズになり、また充実してきたと思っています。これからも、皆さんを楽しませる記事を掲載していきます。ご期待下さい!

第1回福島県木球協会専門委員会が開催される
決定事項のお知らせ


 去る、5月24日午前9時半より、あづま運動公園・野球場の会議室において標記の委員会が開催されました。過去、このような専門委員会が個別に開催されたことはありますが、一堂に会しての開催は初めてのことであり、組織の充実ぶりが伺われます。
 開催された専門委員会は総務委員会(三浦喬子さん、阿部幸七さん、菅野孝志さん、堀川栄子さん)、競技委員会と審判委員会は合同(三浦賢治さん、二階堂守さん、斎藤昌さん、渋谷貞夫さん、安藤善吾さん、山河紘さん、佐藤文一さん、秦昭男さん、佐藤滋さん)で、広報委員会(五十嵐俊道さん、金子道男さん、本田静さん)、その他県木球協会会長・武石功さん、県木球協会理事長・新谷崇一さん、市木球協会会長・三瓶隆夫さんが参加しました。同時に、旅行企画委員会、国際委員会も開催されました。
 各委員会で決定したことは下記の通りですが、実施にあたっては次年度から、あるいは次回の大会からとなっております。

手前、総務委員会、奥、広報委員会
打ち合わせ2

 <総務委員会>
1、参加賞について
・次回大会(いわき大会)より、参加賞の飲み物は出さず、各自で持参すること。理由は予算の関係と各自の好みが違うため。
2、参加賞品について
・第39大会まで、優勝、準優勝、第3位の賞品額は同じであったが、来年度の大会より少し差をつける。理由は優勝の重みを少し増したい。額はお楽しみに(あまり期待しないで下さい)。
3、会員以外の県大会への参加費について(これは次年度より実施)
・会員以外の県大会への参加費は2.500円とする。内訳は県会費の2.000円+参加費の500円である。理由は現行の1.500円では会員に入らないものの方が得であり、会員増に繋がらない。また、2.000円の中から連盟への登録費も払うことになるから。参加費の2.000円を払った場合は自動的に県の会員となる。
4、会費の徴収・納入方法について
・基本的には下部団体から上部団体への流れで徴収する。
 各クラブで徴収し→市へ1.000円(福島市の場合)→県へ2.000円→日本連盟登録料、1人200円
・これらの打ち合わせ(依頼)を2015年の2月中旬に行なう。
5、用具の保管場所について
・現在、阿部幸七さん宅に保管し、運搬もお願いしていた。今後はせせらぎ・桜の広場の南側(100mくらい)にある佐藤さん宅に、1坪くらいの物置を購入して、そこに保管することになった。
・使用(借用)方法はまだ未定であるが、各クラブに鍵を預けて、日本連盟に許可を得てから使用する予定である。
6、テント係について
・県協会の担当は本田静さん、山河紘さん、三浦喬子さんとする。

 <広報委員会>
1、グッズ等の作成について
・ユニフォーム:必要性が出てから作る。マーク:依頼中
2、PR活動について
・パンフレットを作成したいので、10万円ほど何とかして欲しい→検討する。
3、マスコミへの結果報告について
・総務部で担当する。

競技委員会と審判委員会の合同会議
打ち合わせ1

 <競技委員会と審判委員会>
1、コース設営について
<問題点>
従来は競技委員長がコース図を作成し、自らが主体となりコースを設営していた。競技委員はその補助員であり、コース設営に主体的には関わらなかった。その為、設営に時間がかかり又、競技委員がコースを設営してもコース図作成者の意図が十分に伝わらず、後で手直しする事もあった。
<改善策>今後は、以下の手順で行う。
基本的には、日本連盟の競技部長、県の競技委員長が総責任者となり、競技・審判の各委員が実作業を行う。
・総責任者(コース図作成を含む)
 日本連盟主催大会:阿部幸七さん
 市・県主催大会 :斎藤 昌さん
・コース設営方法
 競技・審判委員が3~4名でチームを編成し、担当コースを割り当て、てコースを設営する。(コース設営の他、コースNO.、スタートポイント、ゲート、OB杭設置を含む)
・コースの撤去
 先のチームのそれぞれの責任者が、各クラブから数名の応援を依頼し撤去する。
(注)
・コース設営に当り、総責任者の意思徹底を図る為、設営前に10分程度のミーティングを行う。
・コースの曲げ位置、エンド等に関して、コース図(コース設営用)にはそのポイント、目印を付記する。
2、審判の輪番制について

<問題点>
審判が輪番制(同じ組の者全員か交替で審判を行う)になってから、ルール及び試合進行が乱れてきたように感じる。スコアシート(審判)を持ったがスコアを付けようとしない、作成に時間を要している。ルール解釈が曖昧、等々。輪番制の主旨は木球のルールを広く皆に知ってもらう事であったが、その意図が理解されていない。 ※審判資格取得者にも定期的な講習会が必要。
<改善策>
コースメンバー表に、「主責任者◎」と「副責任者○」を設け、この二人がそのチームの審判を務める。 尚、主責任者と副責任者の打順は連続しない事。
∵連続すると、主責任者がOBを打った場合、それを拾いに行く時、副責任者のスコアを付ける者がいない事が起きる。
3、ルールの確認と明確化
・ゲート前のボールに対するマークに対して
 ゲート前、マレット1本分以内にあるボールはマークをしない。
・試合前のコース内の練習につて
 試合前のコース内への立ち入り及び練習は禁止とする。


 以上が第1回県専門委員会での決定事項です。これらの周知徹底は各種大会や広報で行ないたいと思いますので、皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

E N D







 
2014/05/28 14:45 広報・連絡 TB(0) CM(0)
木球会員の皆様 必見


新谷教授 みんゆう随想の新執筆者に!!!

 今般、民友新聞の【みんゆう随想】の新執筆者(15名)に選ばれ、4月1日から連載が始まります。詳細は分かりませんが、毎週火曜日、木曜日、土曜日の週3回の予定。是非見逃すことなく掲載を注目して下さい。造詣の深い新谷教授ですので、木球についてもいろいろ発信があるはずです。ご期待下さい。

◇新谷教授 コメント欄
 広報部長の金子さんのご要望により、コメントをさせていただきます。民友新聞社に勤務している私の教え子から頼まれての執筆となりました。定年退職後、締め切りに迫られることなく、のんびり過ごしたかったのですが、家内から「教え子からボケ防止のためのプレゼントと思って、喜んで引き受けたら」と言われ、このようになってしまいました。
 約1ヶ月に1回のペースでの執筆になりますが、書く内容のネタを見つけることができるかどうか、不安でいます。今年中の掲載日は下記の通り決定しています。

      第1回目は4月8日(火)  (民友新聞 朝刊をチェック)
      第2回目は5月15日(木)
      第3回目は6月19日(木)
      第4回目は7月24日(木)
      第5回目は8月28日(木)
      第6回目は10月4日(土)
      第7回目は11月11日(火)
      第8回目は12月16日(火)


 最初は火曜日ですが、途中から木曜日そして土曜日に変わります。
 1回目の原稿は掲載準備ができていますが、2回目以降はこれからです。最後まで書き続けられるか心配ですが、皆さんの期待に添うよう頑張りますので、厳しい目で見ていただければと思います。
 宜しくお願いいたします。

 「みんゆう随想」に関係ないですが、沢山の方に出席していただきました最終講義の写真を、お礼を兼ねて、この場をお借りして掲載させていただきます。有り難うございました。

最終講義の光景
最終講義1

家が花束で埋まるほどいただきました。有り難うございました!
最終講義2


※更に3月18日民友新聞の朝刊【窓】のコラムに安田紀子さん(清水木球クラブ会員)の木球についての投稿記事が載っております。大変感銘を受けましたので、遡って新聞をご覧下さい。(3/18朝刊)
日本木球連盟 広報部 金子
2014/03/29 21:21 広報・連絡 TB(0) CM(0)
二本松市木球協会設立総会開催される!!!


安達太良山の麓での大会が楽しみです!!!
安達太良山

 去る、2月23日(日)に二本松市岳温泉、ホテル光雲閣にて二本松市木球協会設立総会が開催されました。福島市、いわき市、南相馬市に続いて4番目の市協会の誕生です。
 総会では設立世話人である佐藤 滋氏より設立までの経緯説明があり、続いて来賓としての福島県木球協会 武石 功会長、二本松市議会 中田凉介議員より祝辞をいただいた後、設立総会資料に基づいて議案が審議されました。
 各議案は全員一致で承認され、役員は以下の方々が選出されました。
 会 長 : 佐藤 滋
 副会長 : 石澤 崇
 監 事 : 山田文秋
   * 事務局長、会計は会長が兼務する。

県協会 武石会長、二本松市協会 佐藤滋会長等
メンバー

総会資料の表紙
表紙

二本松市木球協会規約
規約1
規約2


 会員はまだまだ少数ですが、気概はどこの市協会にも負けないものを感じました。当面の事業計画は清水木球クラブの常設コースで基礎練習を行ない、9月の全国レク大会2014と中国・海南島で開催されるワールドカップ出場、12月の台湾オープンへの全員参加を目指して、腕を磨くことで一致したそうです。
 今後、二本松市木球協会が台頭して来て、郡山市への普及の働きかけのきっかけになればと期待しているところです。ただ、焦らず木球を楽しむこと、健康を第一にして取り組んでいただければと思います。武石会長、有り難うございました!
                             日本木球連盟
                               会長 新谷崇一




2014/03/03 12:21 広報・連絡 TB(0) CM(0)
新谷教授 最終講義レジメ

 去る2月22日、午後1時より福島大学において、新谷教授の最終講義が開催されました。以下、ごあいさつを含め当日配布されたレジメの一部を掲載し、ブログに保存したいと思います。                            日本木球連盟広報部

【緊張気味の最終講義 新谷教授】
最終講義の新谷教授

【感謝の花束贈呈】
感謝の花束贈呈

現役学生から(木球部員)


【新谷教授 感謝の言葉】
 2月22日は木球関係者をはじめ、大勢の方々に最終講義にご出席いただき、有り難うございました。最終講義を終え、ホッとしていると同時に、次の任務がスタートしたなという気がしました。
 私の研究生活は1976年から始まりましたが、木球の普及活動は1998年からです。まだまだこれからというところですが、皆さんのご協力で少しは根っこが出て来たかなというところまで来たような気がします。これからはその根を、地中深く、そして幅広く広めて行かなければなりません。皆さんのご協力がますます大事になって来ます。一緒に、この木球を日本中に広めましょう!ご協力、宜しくお願いいたします。
 お願いとともに、最終講義へのご参加に改めて、お礼を申し上げたいと思います。
 有り難うございました!

【県木球協会会長 武石様から】

 新谷先生の最終講義を受講できて喜んでおります。ありがとうございました。
 退職後は木球一筋に励まれるそうで、本当によかったと思います。身体に気をつけて頑張ってください。
 台湾ではタネを蒔く人が尊ばれるようです。先生のニューワゴン車で日本中にタネを蒔いてください。

◇最終講義のレジメ
A4最終講義
スライド2
スライド3
スライド4
スライド5
スライド6
スライド7
スライド8
スライド9
スライド10
スライド11
スライド12
スライド13
スライド14
スライド15

<最終講義を受講して>
 今回は大学主催の最終講義であったが、新谷教授が長年積み重ねてきた研究テーマである【木球】についての取り組む姿勢及び情熱がひしひしと感じられ、大変感銘を受けてまいりました。大学には請われてあと2年特任教授として残るとのことです。今後は特に大学での木球愛好者の増加に期待し、これからますますご活躍されることをご祈念申し上げます。 
<木球人>
END
2014/02/27 12:52 広報・連絡 TB(0) CM(0)
2つの参加者募集のご案内

<1つ目>
* 香港オープン2014参加者募集 *

下記の開催要項の通り、香港オープンが開催されます。一昨年に引き続きまして、今年も参加したいと思います。
皆さんのご参加をお待ちしております!!!

<香港オープン2014の開催要項>

1、主催
 香港スポーツ連盟、オリンピック委員会の第57回スポーツフェスティバルの一環として
2、日時
 2014年4月12日(土)〜13日(日)
  <4月11日(金)成田10:00出発〜15日(火)成田16:05着>
3、会場
 サッカー場 HKIED Pak Shek Kok Sports Centre
4、競技種目
   打撃戦 : 男女シングルス、男女ダブルス、ミックスダブルス、男女団体戦
5、登録費、参加費、宿泊費
   登録費 : 参加者1人 15米ドル、不参加者1人 10米ドル。
   参加費 : 団体戦1人 15米ドル、シングルス戦1人 20米ドル
        ダブルス戦1チーム 30米ドル
   歓迎会 : 1人30米ドル(パックに含まれる)
   宿泊費 : 1人200米ドル(3泊4日、歓迎会費、会場への移動費等を含む)
        ・前回と同じYMCAユースホステルです。
        ・航空運賃:1月末現在で約6万円(全日空)   
        ・追加宿泊費:1人55米ドルくらい
        ・14日の観光費:マカオ日帰り+夕食=約20,000円
        ・その他:成田空港までの交通費(?)
        ・成田までの交通手段は参加者数によって再考します。
6、申し込み方法
  ・2月24日(月)まで、新谷まで申込んで下さい。香港締め切り2月24日です。
  ・電話番号・FAX 024−548−8280(新谷研究室)


<2つ目> 
第5回 福島県早春木球大会

そうしゅん


< 開 催 要 項 >

1、主  催 日本木球連盟
2、主  管 いわき市木球協会
3、目  的 木球競技の普及と振興及び会員の親睦と健康の維持、増進を図り生涯ス
       ポーツの発展に寄与することを目的とする。
4、開催期日  平成26年 3月16日(日)雨天決行 
        ・受  付 午前 9時00分 ~ 9時30分
        ・試合開始 午前10時00分 ~
              ※各自昼食を持参してください。
  
5、会  場 いわき明星大学構内(上野先生:090-3239-8979)
       交通手段は、乗り合わせをするなど、各自(支部)で考えて下さい。
      *駐車場は、正門より入構し指定された所に止めて下さい。

6、参加資格 福島県木球協会会員及び愛好者

7、参加申込 日本木球連盟
        福島市金谷川1 福島大学行政政策学類 新谷研究室 宛
        ・参加申し込みは各支部まとめて、以下にFAXでお願いします。
         電話・FAX 024-548-8280 新谷研究室
                申し込み締め切り:3月10日(月)

8、参加料 500円(当日、集金します)

9、競技方法 試合は個人競技とする。参加人数によってコースを決定します。
       
10、その他 ① 開会式は、選手全員で行いますので受付を時間内に終了して下ださい。
       ② 競技中の事故は一切責任を負いません。参加選手は万一の事故に備えてス
        ポーツ安全保険等への加入を義務づけます。

 *多数のご参加をお待ちしています!!!






2014/02/10 09:01 広報・連絡 TB(0) CM(0)
検索フォーム
カウンター
QRコード
QR