木球に関する情報
プロフィール

 新谷

管理人: 新谷
ブログ愛読者の皆さん、こんにちは。今日まで皆さんに支えられ、ブログ掲載もスムーズになり、また充実してきたと思っています。これからも、皆さんを楽しませる記事を掲載していきます。ご期待下さい!

南相馬市、木球の新コース完成する!

み1
事務局のテント(2張りあります。広くなりました!)

 兼ねてより、南相馬市の木球協会では従来の木球場の隣りの新敷地にコース移転の計画がありました。南相馬市側から敷地の整備が終ったので(変わってませんでした)移転をお願いしますという申し出があり、7月8日(土)に第1回のコース移転の作業に斎藤昌県競技委員長、牧野律子県理事、新谷県理事長が助っ人で行きました。
 敷地は従来の敷地に隣接(隣りのパークゴルフ場)している所で、南北に細長い長方形の敷地です。そのため、コース取りが難しく、完成まで2回通うことになりました。
 8日には南相馬市木球協会の佐野さん、堀川さん、益山さんが参加され、気持ちの良い浜風の中で12コースの下地を完成させました。
 そして、13日(木)にコース整備と一部のコース修正を三浦賢治県審判委員長、三浦喬子県事務局長、牧野律子県理事、新谷県理事長、松川木球クラブの佐藤悦男さんにお手伝いをお願いして行ってきました。南相馬市木球協会からは堀川さん、益山さんが参加しました。
 写真に添って、コース紹介をします。

み2
5コース側(県道)から北側敷地、2コース方面を一望

み3
北側3コースから南西側敷地を一望

み4
13日にお手伝いいただいた左から佐藤悦男さん、堀川栄子さん、三浦賢治さん

み5
13日にお手伝いいただいた左から三浦喬子さん、牧野律子さん、益山冨士子さん

み6
東側5コースのスタート地点(境界林の反対側が従来の敷地)

み7
3コースのゲート付近(東側、境界林)

み8
一番北側にある2コース

み9
中央東側にある8コース?(境界林の反対側が従来の敷地)

み11
一番北側奥の2コースのゲート付近

み12
敷地中央の10コース?から西側テントを望む

み13
敷地中央付近から北西側を望む


まだ、雑草(芝)は整備されていないですが、
秋の大会までには何とかしたいと南相馬市の
メンバーは意気込んでいました!
今回のお手伝い、
有り難うございました!!!









2017/07/13 17:52 市木球協会 TB(0) CM(2)
第23回福島市スポーツ・レクリエーション
祭開催される

レク1
雪ウサギも融けた6月の吾妻小富士

 爽やかな天候のもと、約80名(男性57名、女性21名、事務局4名)の参加を得て、第23回福島市スポーツ・レクリエーション祭が開催されました。
 開会式では福島市木球協会の阿部幸七新会長の開会の言葉ではじまり、主催者である福島市レク協会渡辺武雄会長の挨拶、日本木球連盟新谷崇一会長(数えで古希)の祝辞、続いて競技委員長、審判委員長の説明後、大会が始まりました。
 大会は24コースを午前中に一気に回る方式で行われ、お昼近くに上がってきた参加者は疲れた、気持ちが良かったとさまざまな言葉を出していました。
 今回も写真を交えながら大会を振り返ってみたいと思います。


1、開会式の光景

レク3
福島市木球協会の阿部幸七新会長の開会の言葉

レク4
開会式参加者の記念撮影

レク2
開会式前の裏方さんたち


2、成績の結果

<男 性>
順 位  氏名    地区    前半+後半=合計
優 勝  鴫原敏夫  春日町   61+45=106
準優勝  唯木義夫  野 田   55+52=107
第3位  佐藤久元  野 田   57+50=107
第4位  秦 昭男  蓬 莱   54+55=109
第5位  佐藤 滋  清 水   53+56=109
第6位  宍戸健一   西    55+56=111
第7位  遠藤二雄  蓬 莱   55+57=112
第8位  阿部 浩  蓬 莱   51+61=112
第9位  増子弘文  清 水   55+58=113
第10位 鈴木憲一  野 田   54+59=113

<女 性>
順 位  氏名    地区    前半+後半=合計
優 勝  宍戸ロク   西    53+53=106
準優勝  益山冨士子 南相馬   52+55=107
第3位  佐藤美恵子 清 水   56+53=109
第4位  安田ヨツ  清 水   49+60=109
第5位  堀川栄子  南相馬   53+53=109

<ゲートインワン>
鴫原敏夫(春日町) 大橋訓好(野田) 高畑孝一(野田)


3、写真で追う大会の光景

レク5
吾妻小富士を背に青、緑、赤が映えますね

レク6
桜の広場A面でのプレー

レク7
桜の広場D面を眺める

レク8
女性3位の佐藤美恵子さんのフォーム

レク9
このせせらぎが葛藤中の心を癒やしてくれる

レク10
左が男性優勝の鴫原敏夫さん

レク11
桜の広場A面を眺める

レク12
ハイ ポーズ 1

レク13
ハイ ポーズ 2

レク14
閉会式・表彰式 阿部新会長再登場


4、おまけ=木球の走る広告車

sCIMG5622_20170613104338a97.jpg
見かけたら、手を挙げて下さい


次の大会は6月18日の
全日本大学木球選手権大会です!!!














2017/06/16 09:43 市木球協会 TB(0) CM(0)
第29回福島市木球大会開催される
結果と写真集

29大1
雄大な鬼面山の残雪
 
 去る、5月7日の日曜日、大型連休の最終日に第29回福島市木球大会が開催されました。この日は朝からテントも吹き飛ばされそうな強風で、テントの中は寒いくらいでした。また、今年はじめての黄砂のため、五月晴れではあるけど安達太良山は霞んで見え、青空を望むことはできませんでした。
 そのような中、男性64名、女性21名の申込で大会が開催されました。
 成績の結果報告と写真で大会を振り返りたいと思います。

1、開会式

 青空のもと、8時45分より開会式が行われ、開会宣言のあと福島市木球協会の阿部幸七新会長が挨拶をし、来賓として日本木球連盟新谷崇一会長が祝辞を述べ、渡辺修競技委員長、三浦賢治審判委員長の諸注意後、大会が開催された。

29大2
開会式にて三浦審判委員長の諸注意

2、写真による大会の様子

 難コースとクレームの声が聞かれたコースでしたが、成績の良い方は普通通りの成績でした。全員が平均点を上回るようでしたら、難コースかもしれませんが、そうとは言えないですネ。
 木球は他の人の打ち方などからコース状況を読み取る技術が必要とされます。常に考えながら行うところに木球の面白さ、奥の深さがあると思います。
 いろいろなコースを経験してみましょう!

29大3
西側コースを眺める

29大4
東側コースでのゲート回りの格闘

29大5
水面に映る遠藤さんの姿

29大6
東側コースを眺める

29大7
西側コースから吾妻小富士を眺める

29大8
南側コースから鬼面山を眺める

29大9
吾妻小富士をバックに三瓶さんと五十嵐さん

3、成績の結果

 成績は以下の通りですが、男女とも普段の練習の賜物という方々が入賞していますが、常連が上位に入れなかったり、逆に新人(渡邉淳子さん)が3位に入るなど、変化が見られた大会でした。
 成績は以下の通りです。

<男 性>
順 位  名前    地区  前半  後半 グロス  ハンディ  合計   
優 勝  遠藤二雄  蓬莱  50+61= 111  0     111
準優勝  丹治正廣  野田  53+56= 109  6     115
第3位  増子文弘  清水  54+61= 115  0     115
第4位  加藤 悟  野田  56+59= 115  3     118
第5位  唯木義夫  野田  57+61= 118  0     118
第6位  宍戸健一  西   51+66= 117  2     119
第7位  山河 紘  野田  55+64= 119  0     119
第8位  斎藤 昌  西   54+62= 116  5     121
第9位  金子道男  三河台 64+57= 121  0     121
第10位 高畑孝一  野田  59+62= 121  1     122

<女 性>
順 位  名前     地区  前半  後半 グロス  ハンディ 合計
優 勝  舟山美智子  野田  54+58= 112  3    115
準優勝  丹治恭子   野田  62+56= 118  1    119
第3位  渡辺淳子   三河台 55+72= 127  0    127
第4位  佐藤美恵子  清水  59+73= 132  0    132
第5位  竹村サキ子  蓬莱  55+70= 125  8    133

<ゲート イン ワン>

第2コース :菅野幸雄さん、大出 宏さん、大橋訓好さん、丹治恭子さん、渡辺勝也さん
第15コース:三浦賢治さん

                      以上の6名です。おめでとうございます!!!

4、各クラブの集合写真

 全員ではないですが、各クラブの横顔です。

29大10
大所帯の野田木球クラブ その1

29大11
大所帯の野田木球クラブ その2

29大12
松川木球クラブの皆さん

29大13
清水木球クラブの皆さん

29大14
蓬莱木球クラブの皆さん

29大15
三河台木球クラブの皆さん

29大16
西木球クラブの皆さん

29大17
事務局の皆さん、お疲れさんでした

木球シーズン皮切りの
第29回福島市木球大会でした
今年も木球を楽しみましょう!!!







2017/05/08 15:05 市木球協会 TB(0) CM(0)
第27回 福島市木球大会が盛大に開催される

親父が大事に育てていた君子蘭
市大会1

 去る、5月8日(日)、風邪は強かったですが素晴らしい五月晴れの中、第27回福島市木球大会が盛大に開催されました。三瓶福島市木球協会会長の挨拶のあと、新谷日本木球連盟会長、武石福島県木球協会会長の祝辞があり、9時10分に試合開始となりました。
 今回は今までの大会の中で、112名という大人数の参加者で行われました。コースは12コース、参加者112名になると、1コースに3組が入るなど、時間のかかった大会となりました。
 今回も写真で振り返りながら、また参加者からいただいた大会の課題も取りあげてみたいと思います。


1、開会式


開会式前の整列ではなく集合
市大会2

大会事務局の一幕
市大会3

三瓶福島市木球協会会長の挨拶
市大会4

新谷日本木球連盟会長の祝辞
市大会5

武石福島県木球協会会長の祝辞
市大会6


2、今回、参加された各クラブの面々

 
 各クラブ所属者全員ではないですが、揃ったクラブの方々のみを写しました。成績の計算など裏方さんは各クラブの中には入っていません。悪しからず!

ニューフェースの松川木球クラブ
市大会7

ここもニューフェースの多い三河台木球クラブ
市大会8

春日町木球クラブ
市大会9

清水木球クラブ
市大会10

蓬莱木球クラブ
市大会11

西木球クラブ
市大会12


3、大会の成績結果

    <男 性>  H    前半+後半=合計    <女 性>   H   前半+後半=合計
優 勝  斎藤 昌  2   56+57=115     舟山美智子  0  59+64=123 
準優勝  宍戸健一  0   66+53=119     三浦喬子   3  66+60=129
第3位  古川好昭  0   58+61=119     安田ヨツ   8  57+71=136
第4位  山河 紘  0   54+66=120     増子ヤス子  0  68+69=137
第5位  二階堂守  1   60+60=121     山河洋子   0  68+70=138
第6位  菅野孝志  0   57+64=121
第7位  斎藤俊男  0   60+64=124
第8位  武石 功  0   66+59=125
第9位  秦 昭男  0   65+61=126
第10位 金子道男  0   68+58=126
第11位 佐野利夫  0   61+66=127


4、参加者からいただいた今大会の課題

 12コースに112名の参加者は喜ばしいことですが、様々な問題、課題が出てきました。今後に生かすためにも、敢えてこの場を借りて、載せてみました。
 是非、今後に生かすということで、ご了承願いたいと思います。

 100名を越えた場合、12コースでは限界がある。せめて、18コースに。
 1コースに仕方なく2〜3組入る場合はコースに緩やかなカーブを持たせて、2組入れるようにすべき。
 スコアの入力とチェックは別々に行った方が。
 大人数の参加者に対する運営スタッフの充実を。
 競技委員会が参加人数を把握して、それに見合ったコース数とコース設計を。
 スコア表は前半が終ったらチェックできるように、2枚がいいのでは。 
 
 他、随時追加しますので、ご意見を新谷までメールで投稿して下さい。


5、大会の様子

 いつもの通り、写真で大会の様子を振り返ってみましょう。いかに多くの方々が参加した大会であったか、お分かりになると思います。

2コースかな?この混み様!
市大会13

鬼面山を臨む8〜9コース辺り
市大会14

吾妻小富士ををバックに1人たたずむ
市大会15

新緑の中でのプレー
市大会16

この参加者数!今年は雪が少なかったようです! 1
市大会17

この参加者数!今年は雪が少なかったようです! 2
市大会18


<おわりに>


 今年も福島市大会を皮切りに、木球シーズンが始まりました。木球を通して、健康維持を図りましょう!
 私事で申し訳ないですが、最初と最後に亡くなった親父が育てた、君子蘭とハナミズキを掲載させていただきました。

最盛期の頃(連休始まり)はもっと鮮やかでした!
市大会19


 
次回は福島県木球大会でお会いしましょう!!!


















2016/05/10 11:04 市木球協会 TB(0) CM(2)
第59回福島市民体育祭と第26回福島市木球大会の
結果報告と日本選手権出場獲得者

 ブログのアップが遅れましたが、第59回福島市民体育祭と第26回福島市木球大会の結果を報告します。
 
1、福島市民体育祭
 
sIMG_2262.jpg


 まず、10月3日(土)に開催された福島市民体育祭ですが、今年から木球が正規種目(地区対抗種目)に格上げされた最初の年です。つまり、順位が得点化され、各地区体協の得点に加算されるということです。
 記念すべき福島市民体育祭の第1回優勝地区は野田体協でした。おめでとうございます!
 参加した各体協は野田体協、蓬萊体協、清水体協、荒井体協、三河台体協、北沢又体協、御山体協、松川体協、第三地区体協、矢野目体協、佐倉体協、吉井田体協(団体の順位)。
 結果は以下の通りです。

個人の部
<男性>                   <女性>
順位   氏名    打数          氏名    打数
優 勝  唯木義男  39+37=76    安田ヨツ  42+38=80
準優勝  丹治正廣  39+39=78    竹村サキ子 40+42=82
第3位  古川好昭  40+39=79    三浦喬子  42+46=86

地区対抗の部
優 勝  野田体協  322打 唯木義男、丹治正廣、二階堂守、三浦賢治
準優勝  蓬萊体協  336打 増子弘文、竹村サキ子、遠藤二雄、上川洋行
第3位  清水体協  347打 宍戸健一、渡辺重義、斎藤 昌、宍戸ロク

男子優勝の唯木義男さん
sIMG_2273.jpg

女子優勝の安田ヨツさん
sIMG_2276.jpg

松川町体協の皆さん
sIMG_2266.jpg

吉井田体協の皆さん
sIMG_2265.jpg

三河台体協の皆さん
sIMG_2264.jpg


2、第26回福島市木球大会

開会式にて三瓶隆夫市木球協会会長挨拶
sCIMG4275.jpg

日本木球連盟新谷崇一会長の来賓祝辞
sIMG_2281.jpg


 第26回福島市木球大会が秋晴れの下、10月4日(日)盛大に開催されました。
 参加者は男性65名、15名、計80名でした。市民体育祭から2日連続の大会となり、皆さんお疲れのようでしたが、楽しい木球大会でした。
 以下、成績と大会の様子の写真を掲載します。

<男性>                     <女性>
順位   氏名     打数  ハンディ      氏名    打数  ハンディ
優 勝  丹治正廣  48+61+3=112   安田紀子  60+63+0=123  
準優勝  鈴木憲一  58+55+2=115   竹村サキ子 62+63+3=126
第3位  二階堂守  58+57+0=115   遠藤美智子 64+63+0=127
第4位  佐藤文一  61+56+0=117   長島ひろみ 63+64+0=127
第5位  金子道男  62+55+0=117   三浦喬子  60+66+3=129
第6位  大出 宏  55+64+0=119
第7位  大内一郎  58+61+0=119
第8位  佐藤 滋  55+63+2=120
第9位  佐藤清光  57+62+2=121
第10位 渡辺徳治  62+59+0=121

ベスグロ     男性・丹治正廣 109打  女性・安田ヨツ 122打
ゲートインワン  佐藤晴実、遠藤美智子

左から準優勝の鈴木憲一さん、優勝の丹治正廣さん、3位の二階堂守さん
sIMG_2286.jpg

左から準優勝の竹村サキ子さん、優勝の安田紀子さん、3位の遠藤美智子さん
sIMG_2287.jpg

市大会の一コマ 1
sCIMG4290.jpg

市大会の一コマ 2
sCIMG4285.jpg

市大会の一コマ 3
sCIMG4288.jpg


3、日本木球選手権大会出場獲得者

 平成27年度、日本木球選手権大会出場獲得者は現段階で以下の通りですが、残すところ福島県木球大会南相馬市大会のみとなりました。最後の大会に滑り込みセーフとなるメンバーは誰になるのでしょうか?
 熾烈な戦いになると思われる南相馬市大会ですが、皆さん楽しんでいただければと思います。

第42回福島大会
男性:佐藤清光、山河 紘、佐藤文一、二階堂守、中村洸太、古川好昭、佐藤 滋
女性:竹村サキ子、舟山美智子、益山冨士子

第43回いわき大会
男性:秦 昭男、三浦賢治、関谷周利、菅井伸祥、松原 航、遠藤二雄
女性:安田ヨツ、遠藤美智子、冨岡マサ子

第14回日本オープン
男性:金子道男、高野五郎、大出 宏、斎藤 昌、加藤 悟、武石 功、阿部幸七、増子弘文
女性:宍戸ロク、安田紀子、三浦喬子、堀川栄子、長島ひろみ、牧野律子

第11回全日本大学選手権大会
男性:高橋駿介、澤田祥孝、杉山佑太
女性:針谷侑里、佐藤あずさ、久島梓緒里

(注)
 現時点では上記の方々ですが、各大会に次点を設けており、獲得者で棄権者が出た場合は繰り上げ当選が生まれてきます。また、長年、木球の普及に貢献したり、今年度都合が悪く、各大会に出場できなかったりした方に対して、各クラブの会長推薦枠も設けてあります。
 推薦枠についての詳細は事務局までお問い合わせ下さい。

以上です!
次回は福島県木球大会南相馬市大会で
お会いしましょう!




2015/10/18 11:00 市木球協会 TB(0) CM(2)
検索フォーム
カウンター
QRコード
QR