FC2ブログ
木球に関する情報
プロフィール

 新谷

管理人: 新谷
ブログ愛読者の皆さん、こんにちは。今日まで皆さんに支えられ、ブログ掲載もスムーズになり、また充実してきたと思っています。これからも、皆さんを楽しませる記事を掲載していきます。ご期待下さい!

第6回民友新聞掲載 平成27年9月29日朝刊(掲載許可済) 

 200.jpg



 ・福島市
   福島大学名誉教授
   日本木球連盟会長
   国際木球連盟副会長
        新 谷 崇 一 氏




         棚からぼた餅
                                 新 谷 崇 一


 紺碧の空から照りつける太陽の日射しはジリジリと肌に焼きつくが、さわやかな風が吹き抜け、あまり蒸し暑さを感じさせない。
 ここはインドネシアの9月のバリ島。成田からソウル経由で約10時間かけて、州都デンパサールにたどり着いた。目的は第8回アジア大学木球選手権大会に出場するためである。日本チームは団長、監督、コーチと選手の男性6名、女性2名の一行、11名である。ホテルに到着したのは大会初日の9月4日午前2時半。睡眠不足のまま、午前9時の開会式に出席し、午後1時半からのシングルスに臨むことになった。
 日本チームは打撃戦に出場し、シングルスとダブルス、そして男性のみ団体に登録した。大会初日の午後はシングルスが行われ、暑いなか、眠い目をこすりながら選手たちはプレーをしていた。海外選手はスコアを伸ばしていくが、緊張と疲労のせいか、日本選手はOBを繰り返し、その差は 開いていくばかりである。暑さと眠気で集中力も途切れ、思うように差を縮めることができない。結局、シングルスは三角形の底辺を日本チームが占めることになった。残るはダブルスで起死回生を図るのみである。
 シングルスを終えた初日の夜はウエルカムパーティーである。睡眠不足と疲労で伸びなかった成績に、意気消沈している学生たち。そのような学生たちを歓迎してくれたのはレゴンダンスである。大きな目としなやかな指で表現する踊りに学生たちは見入っていた。大会2日目は同時開催のインドネシアオープン国際木球選手権大会のため、日本チームの出番はない。島内観光にした。学生たちは安心して眠りについた。
 島内観光で気分一新。大会3日目はダブルスで、午前9時開始。2人で1個のボールを交互に打つ。1人ではないので心強い。しかし、練習不足か、2人の息はなかなか合わない。ここでも世界のレベルは高く、ダブルスも三角形の底辺を占めた。惨敗である。
 しかし、団体戦は1カ国から1チームのみの入賞という朗報が入り、日本チームに銅メダルが転がり込んだ。最終日の表彰式で、棚からぼた餅である。暗かった学生達の顔が満面の笑みに変わった。この笑顔が、発展途上にある日本の木球の原動力になるものと期待しながら、私たちはデンパサールをあとにした。 



第5回民友新聞掲載 平成27年8月25日朝刊(掲載許可済) 

 200.jpg



 ・福島市
   福島大学名誉教授
   日本木球連盟会長
   国際木球連盟副会長
        新 谷 崇 一 氏




         大学生の夏休み
                                 新 谷 崇 一

 大学構内は学生の姿がまばらで、閑散としている。夏休みは春休みと違って、学生を開放的にするのであろうか。あれほど構内にいた学生はどこに散っていってしまったのか。
 私の学生時代の夏休みはクラブの練習と、アルバイトで合宿費と楽しみな旅行の費用を稼ぐことで、アッという間に2カ月は過ぎてしまった。今の学生はどのような夏休みを過ごしているのか、ゼミ生に聞いてみた。クラブ活動、アルバイト、ボランティア活動、集中講義や講座の受講、なにもせずブラブラ過ごすなど、その過ごし方は学生の数ほどあり多種多様である。
 ただ、以前にくらべて夏休み期間が短くなったことは確かである。これは文部科学省から、授業回数を前期と後期に各15回は実施するようにという通達によるものである。福島大学の場合、夏休みは前期試験が終わった8月8日から9月30日までである。この間、集中講義などを受講すると、1カ月半くらいしかまとまった休みを取ることはできない。東京都の某私立大学の夏休みは40日間くらいである。長期の夏休みは短期語学研修のように、一つのことを集中して行う絶好の機会で、貴重である。
 今年の夏休み、例年と違って異変がみられるのは4年生の夏休みである。いつもであると、大半の4年生は就活も終え、学生最後の夏休みを満喫しているところである。しかし、就活の早期化で、学生の学業活動に支障が出ているとして、政府が経済界に日程の繰り下げを要請。面接などの選考活動を4月から8月に繰り下げたのである。
 公務員希望の学生はほぼ例年通りの試験日程であるが、民間希望の学生にとっては熱い夏休みになっている。すでに内定が決まっていたであろう例年と違い、4年最後の夏休みを謳歌できないでいる。しかし、すでに内定をもらっている学生もおり、これからの学生にとっては焦りが一段と増すに違いない。ゼミ生の間にもその差が現れ、経団連が示した「採用選考に関する指針」はあるものの、足並みはそろっていない。
 内々定を出すかわりに、他社へ断りの電話を強要されたという、いわゆる「就活終われハラスメント(オワハラ)」なる造語も生まれている。この夏休み中に就活を終えて、9月下旬のゼミ合宿に笑顔で会えることを期待している。



第4回民友新聞掲載 平成27年7月21日朝刊(掲載許可済) 

 200.jpg



 ・福島市
   福島大学名誉教授
   日本木球連盟会長
      新 谷 崇 一 氏




         ニュースポーツといえども
                                 新 谷 崇 一


 第9回アジアカップ木球国際選手権大会が「微笑みの国」タイのバンコクで、先月の22日から28日まで開催された。日本代表チームのメンバーは総勢10名。東南アジア諸国をはじめ、遠くはアフリカのウガンダを含め、14ヵ国、230名の参加で行われた。
 「木球」については、昨年のみんゆう随想で紹介したので省略するが、台湾からニュースポーツとして日本に移入されてまだ、16年と日が浅い。そのニュースポーツは数百種類以上あるといわれ、その定義も諸説がある。通商産業省制作局編「スポーツビジョン21」によると「①国内外を問わず最近生まれたスポーツ、②諸外国で古くから行われていたが、最近になってわが国で普及してきたスポーツ、③既存のスポーツ、成熟したスポーツのルールなどを簡略化したスポーツを包括したもの」とある。
 木球は③に該当し、ゴルフを簡略化し、工夫改良したものである。近年では全日本大学木球選手権大会が開催されるようになり、若年層にも普及しつつある。しかし、主役はシニアクラスであり、今回の日本代表チームのメンバーも、日本でトップクラスを自負するシニアばかりである。
 大会初日、バンコクの国立競技場に各国の選手が一堂に会した。なんと、選手の8割が若者。その中にシニアが混在すると、シニアは居場所を間違えたのではないかと錯覚する。そうこうしているうちに、われわれの出番である。4人1組で回る。4人のうち3人は若者。これまた、異様な組合わせに見える。1ラウンド12コースを回り終えると15打くらいの差が開く。太刀打ちできない。あらためて、国際レベルの次元の高さと、若者とのパワーの差を痛感する。
 ニュースポーツは、オリンピックや世界選手権などで競われるスポーツと違って、競争性を抑え、勝ち負けにこだわらず、だれもが日常的に楽しむことができる「いつでも、どこでも、だれにでも」をキャッチフレーズにしている。
 しかし、ニュースポーツといえどもスポーツの仲間である。スポーツから競争を奪うことはできない。木球の成長過程で組織化を図り、ルールが成熟し国際化すると、木球も競争性の高い高度な大会になり、真剣勝負の世界となる。たかがニュースポーツ、されどニュースポーツである。
           
第3回民友新聞掲載 平成27年6月16日朝刊(掲載許可済) 

 200.jpg



 ・福島市
   福島大学名誉教授
   日本木球連盟会長
      新 谷 崇 一 氏




         スポーツの中の男女差
                                 新 谷 崇 一

 来週の体育は「体力テストです」という予告に、「ヨッシ!」と張り切る人。「仮病を使おう…」と弱気になる人。体力テストにはさまざまな思い出がある。男性は1500m、女性は1000mの持久走。いまはないが、男性は懸垂腕屈伸、女性は斜懸垂腕屈伸。当時はなにも疑問を持たずに、いわれるままに受けた。しかし、いま考えてみると、なぜ、男女差があったの?と考えてしまう。
 2012年のロンドンオリンピックでは26の競技が行われた。26の競技に男女差はなく、男女においてすべて実施された。しかし、競技種目になると、男女差が出てくる。たとえば、体操競技において、男性種目には吊り輪があるが、女性種目にはない。もちろん、女性にあって男性にない種目もある。この男女差は男女の筋肉量の違いが、理由の1つとしてあげられる。
 ところが、近年、男女の種目に変化が表れてきている。シンクロナイズドスイミング(以下、シンクロと略)である。これは女性の美を競う、代表的な種目である。しかし、シンクロは2015年の水泳世界選手権(ロシア開催)で、デュエットの1種目として、男女のペアによるミックス・デュエットが行われることになった。「禁男の区域」への男性の進出である。
 埼玉県立川越高校の男性水泳部が文化祭のアトラクションとしてシンクロを披露。マスコミがこれを報道したことにより、人気を博し、今では伝統的な行事となり、毎年8千人を超える入場者で賑わっている。
 逆に、オリンピックで、マラソンは1984年のロサンジェルスで、柔道は92年のバルセロナで、サッカーは96年のアトランタで、レスリングは2004年のアテネで女性の正式種目になった。男性の種目とされていたスポーツに女性が進出し、男女の垣根が取り払われようとしている。また、アテネオリンピックでは、参加した日本選手団の男女比は女性が男性をはじめて上回った。陸上競技100mの男性の世界記録を100としたとき、女性の世界記録は91、3%までに迫っている。
 近代オリンピックの父、ピエール・ド・クーベルタンが「私が、女性に望むものは、このオリンピックを観賞し、そして、賞賛の拍手を送ってもらいたいだけである」といったのは、遠い過去のことになった。




第2回民友新聞掲載 平成27年5月12日朝刊(掲載許可済) 

200.jpg



 ・福島市
   福島大学名誉教授
   日本木球連盟会長
      新 谷 崇 一 氏




         再びオリンピックが
                                 新 谷 崇 一

 2013年9月7日、第32回夏期オリンピックの東京開催が決定した。1964年に開催された第18回東京五輪以来、56年ぶり2回目の開催となる。
 1964年東京五輪のとき、私は高校1年生であった。中間試験と重なり、テレビは見たいが、試験勉強はしなければならないと、葛藤しながら見ていた。開会式で、テレビに映る赤のジャケットに白のスラックス姿で入場行進する日本選手団の勇姿。抜けるような青空のもと、聖火台に駆け上がり、点火する坂井義則氏の軽快な動きが、今でも脳裏に焼きついている。
 各競技で活躍し、日の丸を揚げる選手には惜しみない拍手を送った。中でも、東洋の魔女といわれた、女子バレーボールの金メダルはとくに印象深い。また、男子体操の遠藤幸雄選手の演技や、マラソンで国立競技場に入って、イギリスのヒートリー選手に追い抜かれ、銅メダルとなった円谷幸吉選手などが、走馬灯のように蘇ってくる。
 4月、最初のゼミの授業で、2020年東京五輪を取りあげた。まず、ゼミ生に、1964年東京五輪をどれくらい知っているかを聞いてみた。回答は「知らない。祖母から回転レシーブを聞いたことがある」という程度であった。それもそのはず、両親は50歳くらいで、東京五輪の前後に生まれた方々である。
 2020年東京五輪に期待するものを聞いてみた。
回答は「スポーツに興味をもち、スポーツを行う人々が増えること。日本全国で開催して、子どもたちに夢を。東京での開催には期待していない」などが出た。また、東日本大震災とのかかわりについて聞いてみたところ「成功はもちろんだが、復興が遅れないこと。建築資材があるなら、それを被災地の支援へ」と、東日本大震災の復興を意識したゼミ生の意見であった。
 筑波大学教授の真田久氏は「実は東京五輪は3度とも復興とかかわりがある。戦争で開催権を返上した、幻の1940年東京五輪は関東大震災からの復興。64年東京五輪は戦争からの復興。2020年は東日本大震災からの復興(2014年10月10日付、読売新聞“論点”)」と、2020年東京五輪を、復興を祝う祭典にと、力説している。
 2020年東京五輪は東日本大震災の復興と同時進行で、もうすでにスタートしているのである。


              



検索フォーム
カウンター
QRコード
QR